食中毒を防止するには、1細菌をつけない(清潔)、2細菌を増やさない(迅速)、3細菌を殺す(加熱)の3つのポイントが重要です。感染を防ぐために、食品を十分に加熱しましょう。生鮮食品(野菜、果物など)は十分に洗浄しましょう。貝類を生で食べる場合は、ウィルスが蓄積している可能性が大きい内臓を除去するとか、十分に加熱して食べましょう。調理前にはよく手を洗い、清潔な機械・器具、容器を使用するなどの二次汚染を防止しましょう。