鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





家の中の備え

  • 停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオ(予備の電池も)を準備する。
  • 避難に備えて非常持出品を準備する。災害が起きると、お金があっても食料品を買えない、ケガをしても病院ですぐにみてもらえないといったことが考えられます。救援がくるまでの間の最低3日分の食料と水、救急医薬品も非常持出品として準備しておきましょう。
非常持出品の一例
□ リュックサックやデイバッグ(男性は15kg、女性は10kgくらい)
食料品など □ 飲料水
□ 乾パンやクラッカーなど
□ レトルト食品や缶詰
□ 割り箸
□ スプーン
□ ナイフや缶切り
□ 鍋や水筒
□ 粉ミルク
医薬品など □ 救急セット
□ 常備薬
□ 防災頭巾やヘルメット
貴重品など □ 現金(小銭)
□ 預金通帳
□ 印鑑
□ 健康保険証
□ 身分証明書
□ 権利証
衣類 □ 下着
□ タオル
□ 寝袋
□ 雨具
日用品 □ 懐中電灯
□ 携帯ラジオ
□ 電池
□ 軍手
□ ロープ
□ 使い捨てカイロ
□ マッチ・ライター、ローソク
□ マスク
□ 紙オムツ
□ ティッシュ
□ 生理用品
□ 筆記用具
□ ポリ袋
□ 歯磨きセット
避難準備品
  • 断水に備えて飲料水を確保したり、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。
  • 浸水のおそれがある地域では、家財道具や生活用品を高い所へ移動する。
  • 出水しそうなときは、風呂の残り湯や洗濯機の排水はできるだけ控える。(大雨により下水の排水能力が落ちています。)
  • 飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、カーテンやブラインドを下ろしておく。
  • 崖からなるべく離れた部屋を寝室にする。
  • 学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。

飲料水の確保避難経路の確認を