正規雇用1万人チャレンジ計画を策定しました!

正規雇用1万人チャレンジ計画について

 鳥取県の地方創生実現のため、若者が定着し、すべての県民が活躍できる社会を実現するために、県内の産業構造、雇用状況の課題を踏まえ、雇用の場の創出だけでなく、働く人の場に立った人材確保策と就業支援策に取り組む計画を策定し、県民1人ひとりが活躍できる、鳥取県を目指す。

名称     :鳥取県正規雇用1万人チャレンジ計画
         ~県民一人ひとりが輝き活躍できる鳥取県~

計画期間   :平成27年度~平成30年度(4年間)

取組の3つの柱:魅力的な雇用の場の創出
        県内外からの人材確保・育成
        雇用の質の向上


  

正規雇用1万人チャレンジ計画策定までの流れ

平成27年5月18日   第1回正規雇用1万人創出チーム会議(庁内会議)にて
           正規雇用1万人チャレンジの進め方について意見交換
             ↓
平成27年8月下旬   鳥取県正規非正規雇用実態調査を実施。県内の雇用の
 ~10月下旬      動向について、県内企業2,000社に対してアンケート
           調査を行い、その結果を踏まえヒヤリング調査
          (約20事業所)を実施。
             ↓
平成27年9月8日   第1回鳥取県正規雇用1万人チャレンジ推進会議にて
           県内各種団体から正規雇用創造に向けた課題等について
           意見聴取。
             ↓
平成27年11月27日  第2回正規雇用1万人創出チーム会議にて、
           実態調査の結果、今後の取組方針について意見交換
             ↓
平成27年12月25日  第2回正規雇用1万人チャレンジ推進会議で、
           チャレンジ計画(案)を提示し意見聴取。
             ↓
平成28年2月     第2回正規雇用1万人チャレンジ推進会議で頂いた
           ご意見等をもとに正規雇用1万人チャレンジ計画策定
             ↓
平成28年3月(予定) 平成28年度施策、目標値を設定した
           アクションプランを策定

・毎年度実績を確認し、次年度度に反映
・チャレンジ計画のフォロアップ調査、事業者のヒヤリングを併せて実施
    
            
 
  

正規雇用1万人チャレンジ計画

      ■名称:鳥取県正規雇用1万人チャレンジ計画 
     ~県民一人ひとりが輝き活躍できる鳥取県~
  ■目的:鳥取県の地方創生実現のため、正規雇用1万人にチャレンジに
      取り組み、若者が定着し、すべての県民が活躍できる社会を実現する。
  ■期間:平成27~30年度(4年間)

 
  ■取組の3つの柱

  県内の産業構造、雇用状況の課題等を踏まえ、次の3つの柱で取り組む。

    (1)魅力的な雇用の場の創出

    (2)県内外からの人材確保・育成

    (3)雇用の質の向上・正規雇用への転換

  ■チャレンジ計画の構成

 「主な産業分野」、産業分野横断的な「雇用の場の創出」「県内外からの人材・  育成」「雇用の質の向上」に分けて、現状課題、取組の方向性を記述した。

 (1)正規雇用1万人チャレンジの概要
  (方向性、課題、3つの柱、進め方、目標)

 (2)主な産業分野の取組(商工、観光、建設、医療・福祉、農林)

 (3)雇用の場の創出につながる取組(企業立地、中小企業活性化、起業・創業)

 (4)県内外からの人材確保・育成につながる取組

  (高校、大学、産業人材、IJU、若年者、女性、シニア、障がい者)

 (5)雇用の質の向上

 ■目標値

 あらゆる分野で雇用の場を創出するとともに、非正規から正規雇用への
 転換により正規雇用を創出する。

 
   ○本編

   ○資料編

   ○概要 

  

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部雇用人材局就業支援課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76990857-26-7699    
    ファクシミリ  0857-26-8169
    E-mail  shugyou-shien@pref.tottori.lg.jp