申請方法及び認定までの流れ

申請

 下記の申請書類を作成し、県庁女性活躍推進課まで郵送又は持参によりご提出ください。
   事前に女性活躍企業推進員が訪問の上、制度内容及び必要書類等について説明させていただきます。

<申請書類>

  ※業種一覧(PDF:60KB)
  • 企業の概要がわかるもの
  • 就業規則、または就業規則に準ずる規定の写し(育児・介護休業規程等)
  • その他取組の内容について参考となる資料(職業家庭両立推進者の選任状況がわかるもの、セクシュアルハラスメント対策、妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント対策に関する規程等)

審査

 書類審査を行った後、企業を訪問し責任者(社長等)及び従業員の皆様から申請書類記載事項についてヒアリング(実地審査)を行います。

認定委員会

 外部委員による認定の審査を行います。(年4回程度)

認定

 認定委員会の審査結果を踏まえ、知事名による認定を行います。
 認定の有効期間はありませんが、認定された企業には3年に1回推進状況報告書をご提出いただきます。

<制度要綱>

 鳥取県男女共同参画推進企業認定制度要綱 (PDF:113KB)
 

アクロバットリーダのダウンロード


注意事項

次に掲げる事項のいずれかに該当する者は認定を受けることができません。また、申請者が次に掲げる事項のいずれかに該当するかどうかを鳥取県警察本部に照会する場合があります。
1 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77 号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)又は暴力団の構成員(以下「暴力団員」という。)であると認められるとき。
2 次に掲げる行為の相手方が暴力団又は暴力団員であることを知りながら当該行為を行ったと認められるとき。
(1)暴力団員を経営幹部とすることその他暴力団又は暴力団員を経営に関与させること。
(2)暴力団員を雇用すること。
(3)暴力団又は暴力団員を代理人、受託業者等として使用すること。
(4)暴力団又は暴力団員に対して金銭、物品その他財産上の利益を与えること。
(5)暴力団又は暴力団員を問題の解決等のために利用すること。
(6)暴力団又は暴力団員と密接な交際をすること。
(7)暴力団又は暴力団員であること又は第1号から前号までの規定に該当する行為を行うものであると知りながら、その者に建設工事等の下請等をさせること。
(8)その他当該行政事務の性質に応じ別に定める行為

  

最後に本ページの担当課    鳥取県元気づくり総本部元気づくり推進局女性活躍推進課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70750857-26-7075    
    ファクシミリ  0857-26-8196
    E-mail  jyosei-katsuyaku@pref.tottori.lg.jp