日露戦争時・鳥取県域に漂着したロシア兵

 明治38(1905)年5月末、日露戦争の勝敗を決した日本海海戦が行われた結果、ロシア兵の遺体が本県各地に漂着、回収、埋葬されました。その実態は不明な点が多かったのですが、当館では、当時の公文書・新聞・日記等の文献調査や現地調査を行い、下記のとおり調査報告書を刊行しました。

 なお、本書は、県内の各市町村立図書館や各学校、在日ロシア大使館・各領事館、その他の関係機関に無償配布するほか、このページでPDF形式のファイルを公開します。

書名

日露戦争時・鳥取県域に漂着したロシア兵

著者

清水 太郎 (しみず たろう)

体裁

B5判 64ページ

目次

はじめに

  1. 鳥取県におけるロシア兵の漂着の概要
  2. 岩美町の事例
  3. 境港市の事例
  4. 大山町の事例
  5. 『鳥取新報』の漂着ロシア兵の扱い
  6. 遺物の漂着
  7. 埋葬地の実態把握へ
  8. 長崎市への改葬

おわりに

ダウンロード用ファイル

アドビリーダのダウンロード
PDFをご覧頂くにはアドビリーダーが必要です。
お持ちでないかたは、こちらからダウンロードしてください。