自転車利用者に対する街頭指導取締りの強化

自転車は、子どもから高齢者まで幅広い層の方が多様な用途で利用できる身近な交通手段ですが、自転車利用者の交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践は浸透しているとは言えない状況にあり、自転車利用中の交通事故が発生しています。
警察では自転車の安全利用の促進を図るため、次の違反を中心に街頭での指導取締りを強化することとしております。
  

主な指導取締りの対象

  • 飲酒運転
  • 信号無視
  • 一時不停止
  • 無灯火運転
  • 二人乗り運転
  • 傘差し運転
  • スマートフォン等の使用運転
  • 歩道通行者に危険を及ぼす違反
  • 制動装置不良自転車運転