健康政策課のホームページ

鳥取県熱中症特別警報及び熱中症警報の発令について

 

 鳥取県では、熱中症予防に係る独自の取組として、昨年度まで、
  ○鳥取地方気象台が発表する当日朝5時の予想最高気温が30℃以上の場合にあっては「熱中症警報」
  ○鳥取地方気象台が発表する当日朝5時の予想最高気温が35℃以上の場合にあっては「熱中症特別警報」
  ○気象庁が発表する週間天気予報において、向こう1週間の予想最高気温が30℃以上の日が5日予測された場合には「熱中症警戒週間」
を発表し、県民のみなさんに注意喚起をお願いしているところです。

 熱中症は注意を払えば予防可能なものであり、高温や熱中症に関する早めの情報提供や県民のみなさん一人ひとりの予防対策の実践が重要となります。
 このため、県や市町村が県民のみなさんに対して早めに注意喚起を行い、事前の準備を行っていただけるよう、当日朝5時の予想最高気温を基準に発表していた熱中症警報(熱中症特別警報)を前日11時における翌日の予想最高気温を基準に発表するよう、平成29年度から発令方法を一部見直しました。

  

発令の基準

熱中症特別警報

 鳥取地方気象台が午前11時に発表する翌日(週末にあっては週末明けまで)の県内の予想最高気温が35℃以上の
場合、県内全域に発令します。
 

熱中症警報

 鳥取地方気象台が午前11時に発表する翌日(週末にあっては週末明けまで)の県内の予想最高気温が30℃以上の
場合、県内全域に発令します。

 ※平成28年度までは当日朝5時の予想最高気温を基準に当日発表 

発令方法

 熱中症特別警報及び熱中症警報発令時には、市町村等の関係機関へ情報提供するとともに、報道機関へ資料提供を行い
ます。
 また、ホームページ、あんしんトリピーメール等で、県民へ周知を図ります。

発令機関

鳥取県福祉保健部健康医療局健康政策課

参考

気象庁が発表する「高温注意情報」

 気象庁は、翌日又は当日の最高気温が概ね35℃以上になることが予測される場合に「高温注意情報」を発表し、熱中症への注意を呼びかけます。(平成26年5月20日対象分から発表開始)
◆気象庁ホームページ「熱中症に注意」⇒「高温注意情報
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp