平成21年度大気中の石綿粉じん濃度調査の結果について

平成21年度大気中の石綿粉じん濃度調査の結果について

 県内における一般大気環境中の石綿(アスベスト)濃度の実態を把握するため、平成21年度に実施した調査の結果は、下記のとおりです。
                                         
                                        記
1 調査期間
 平成21年7月から平成22年2月

2 調査地点
 鳥取、倉吉及び米子市内の各1地点:計3地点

3 調査回数
 年4回、それぞれ原則連続する3日間

4 分析機関
 鳥取県衛生環境研究所

5 結果の概要
 各調査地点の結果は別紙のとおりであり、鳥取市内において一部検出されたが、これについては検出下限値と同程度であり、また、大気汚染防止法に規定する特定粉じん発生施設の敷地境界における基準値に比較し非常に低い数値であった。

  平成21年度大気中の石綿粉じん濃度調査結果