「議会審議の流れ」イメージイラスト 私たちの住む鳥取県を、豊かな住みよい地域社会にするためには、みんなで話し合い、それを実行していかなければなりません。
しかし、県民の全部が集まって話し合うわけにはいきません。そこで、県民の代表者として選ばれた県議会議員が集まり、県の仕事について論議し、決定するところが県議会です。これを県の「意思決定機関」、または「議決機関」といいます。
そして、県議会で決定したことをもとに、知事が実際の仕事を進めていきます。こちらは、「執行機関」といいます。
このように、県議会は、知事と互いに協力して県政を運営していきます。


  

政策調整会議

 議員の提案する政策条例、意見書等について協議又は調整を行うため、議長が必要に応じて招集する協議機関です。所属議員が3人以上の会派から選出された議員及び2人以内の会派で議案を提出しようとする者の代表者をもって組織されます。その他の会派の代表者等はオブザーバーとして出席できます。