保健衛生室試験検査

食中毒検査

食品衛生法第58条では、保健所は食中毒の調査を行うことになっています。

これに基づき保健所から委託された便、食品、拭き取り検体等を当所で検査しています。

検査項目は腸炎ビブリオ、サルモネラ、黄色ブドウ球菌等ほとんどの食中毒菌、ノロウィルスを対象としています。

感染症検査

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の規定により、県は感染症の発生予防、まん延予防の施策の実施計画を作成しています。

この計画に基づき腸管出血性大腸菌O157、結核菌、ノロウィルス、HIV、クラミジアなどによる感染症の検査を患者発生時、あるいは健康調査として実施しています。

環境汚染検査

水質汚濁防止法の規定により県は公共用水域の水質測定計画を作成しています。この計画に基づき県内湖沼の大腸菌群を定期的に検査しています。