鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





鳥取県防災顧問

[平成29年6月30日更新]

 災害発生時等に、防災に関して専門的な立場からの指導及び助言を受け、迅速かつ的確な防災対策を実施するため、鳥取県防災顧問を設置することとし、以下のとおり委嘱しています。(設置要綱については「鳥取県防災顧問設置要綱」[PDF]をご覧ください。)

このページには、以下のURLからもアクセスできます。
http://www.pref.tottori.lg.jp/bosaikomon

  

顧問の氏名及び専門分野

専門分野 委嘱対象者 所属
地震対策 西田 良平  鳥取大学名誉教授
地震対策 香川 敬生 鳥取大学大学院工学研究科教授
地震対策 (建築分野)     稲田 祐二  米子工業高等専門学校教授 
津波対策 松原 雄平 鳥取大学特任教授
土砂災害対策 中村 公一 鳥取大学大学院工学研究科教授
避難対策      柗見 吉晴  鳥取大学大学院工学研究科教授 
災害時医療対策 本間 正人 鳥取大学医学部教授
感染症対策 景山 誠二 鳥取大学医学部教授
感染症対策 千酌 浩樹 鳥取大学医学部教授
鳥獣伝染病対策 伊藤 壽啓 鳥取大学農学部教授
鳥獣伝染病対策      山口 剛士  鳥取大学農学部教授 
大気汚染物質(PM2.5)対策 渡部 仁成 鳥取大学医学部附属病院講師

鳥取県防災顧問の職務

次の事項について専門的立場からの指導、助言、および協力
  • 県の行う災害や危機に対する応急対策に関すること
  • 県の行う防災や危機管理に関する県民啓発活動に関すること
  • その他県の行う防災や危機管理に関すること

背景及び効果

 災害は、その都度態様が異なることから、防災対策を実施する上で専門家の意見を必要とする場面が多い。
 平成12年の鳥取県西部地震の際には、鳥取大学の西田教授に災害対策本部へお越しいただき、余震活動等の発生状況や今後の見込みなどについて助言をいただいたところであり、また、平成16年の智頭町市瀬地区で発生した土砂崩落の際には鳥取大学の藤村助教授ほか4名を委員とする市瀬地区土砂崩落調査委員会を設置し、対策工法や監視体制等を検討したところである。
 このように、現在は日常の防災行政の繋がりを基に、必要に応じて専門家等に意見を求めているところであるが、そのような者を「鳥取県防災顧問」として位置付け、専門的立場からの指導・助言をいただく体制を整えることにより、常日頃から、防災顧問としての積極的な提言等も期待される。