硫化水素事案に伴う二次被害防止について

 全国的に、硫化水素による自殺事案により、付近の住民が巻き添えになる事案が多発しています。
異臭等を感じたら、決して近づかず、安全な場所に移動した後に、110番に通報してください。

1 硫化水素の特徴

 (1)  硫化水素(H2S)とは、硫黄と水素からなる無機化合物

 (2)  特徴

  • 無色の気体
  • 空気より重い
  • 腐った卵に似た刺激臭
  • 硫化水素には独特の臭気があるが、嗅覚を麻痺させる作用があるため、硫化水素の濃度が高くなっているにも関わらず、逆に臭いを感知できなくなることがある。
  • 硫化水素を吸い込むと、気管支炎、呼吸困難、肺水腫を引き起こすことがあり、高濃度の場合、数呼吸で昏倒し死亡する。

2 硫化水素による自殺現場の特徴 

 (1)  硫化水素特有の卵が腐ったような臭いがする

 (2)  人が倒れている場所(車両や部屋等)の近くには

  • 「目張り」や「有毒ガス発生中」などの張り紙がされていることがある
  • 複数の洗剤などのボトルやバケツ等がある 

3 二次的被害防止上の留意事項等

 (1)  姿勢を高く保つこと(硫化水素は空気より重い)

 (2)  直ちに、風上の方向に避難すること  

 (3) 近づこうとする人がいたら、引きとめて、避難させること

 (4) 体調に異常を感じたら医師の診察を受けること