選挙管理委員会とは

選挙管理委員会とは

 選挙管理委員会は、議会で選挙された4人の委員によって構成される合議制の執行機関であり、知事及び市町村長から独立した立場で選挙管理事務の管理執行を行う行政委員会です。

1 主な職務
  県の選挙管理委員会は、衆議院小選挙区選挙、参議院選挙区選挙、都道府県の議会の議員及び知事の選挙に関する事務を管理し、また、海区漁業調整委員会の委員の選挙に関する事務なども管理します。さらに、選挙に関する争訟(選挙のやり方や当選人の決定方法が間違っているという申出の処理や裁判において当事者となること)も選挙管理委員会の職務です。

2 組織

  県の選挙管理委員会の委員数は4人、任期は4年。委員は、選挙権を持っている人のうちから、県議会の議員による選挙で選ばれます。職務の公正な執行を確保するため、政党制限(同一の党派に属する者が同時に2人とならないこと。)等の措置が設けられています。委員長は、委員の中から互選されます。