猟銃等の適正な管理及び不審情報の提供について

  

銃砲を所持しておられる方へ

 猟銃等の不適切な管理や取扱いが取り返しのつかない大きな事故や凶悪な事件につながります。
 許可を受けて猟銃等を所持している皆様は、『自分の銃で絶対に事故は起こさない』という気持ちで今一度、自己点検を行い、盗難事件や暴発事故の防止に努めていただますようお願いします。

1 猟銃等の保管管理を徹底してください
  猟銃等の保管に当たっては、法で定める堅固な保管庫(ガンロッカー)に確実に 施錠を掛けて保管してください。                  
2 銃は必ず分解し保管してください
  分解可能な銃は、必ず分解しボルトや遊底を抜き取って保管してください。
3 銃と実包は別々に保管してください
    銃と実包は、別々の場所、別々の保管庫に施錠をして保管してください。
4 銃を手にするときは、実包の有無を確認してください 
  暴発事故を防止するため、銃を手にする都度、銃の中に実包が入っていないか どうか確実に確認してください。

  

猟銃等に関する不審情報をお知らせください。

鳥取県警察では、猟銃等に関する不安を解消し、県民の皆さまが安全で安心して暮らせるよう、猟銃等に関する不審情報を受け付けています。
例えば、
  • 家族が猟銃を持っているが、心身の健康を害しているので、猟銃の所持をやめさせたい。
  • 近所の人が猟銃を持っているが、粗暴な言動をしていて不安だ。
  • 狩猟期でもないのに、猟銃を持った人がうろついている。
  • 猟銃を車の中に置いたままにしているのをよく見掛けるが、盗まれでもしたらどうするのかと心配だ。
などといった猟銃等に関する不審な情報がありましたら、下記連絡先へお知らせください。
また、猟銃等による危険が迫っているなど、緊急性のある場合は110番通報をお願いします。

〒680-8520 鳥取市東町一丁目271番地
鳥取県警察本部 生活安全企画課 電話・ファクシミリ  0857-23-0110(代表)
警察総合相談電話 「#9110」または、0857-27-9110