ごあいさつ

鳥取県議会副議長藤縄よしかずの写真  私は、地方創生の実現に全力投球してまいります。21世紀の県政のキーワードは、5K、すなわち「教育(Kyouiku)」「経済(Keizai)」「環境(Kankyou)」「観光(Kankou)」「健康(Kenkou)」の5分野であり、本県の地方創生の鍵であると考えています。
 本県におきましては、景気の回復、人口減少等重要かつ喫緊の課題が山積する中、県議会は県政における最高議決機関として、県民の皆様の多様な意見を反映し、積極的な議論を経て、民意を集約する役割が求められています。
我々県議会は、監視機能をさらに強化、また、地方創生を実現するべく、政策立案機能を充実させ、県民の皆様の負託に応えなければなりません。
 私は、鳥取県議会の歴史と伝統を尊重しつつ、微力ではございますが、議長を補佐し、公正かつ公平で県民に信頼され、わかりやすい議会となるよう全力で取り組む所存です。
 
  鳥取県議会副議長 藤縄 喜和




プロフィール

 ・昭和26年 9月  生まれ
 ・昭和51年 3月  青山学院大学法学部卒業
 ・昭和51年 4月  鳥取県東部広域行政管理組合勤務
 ・平成 2年 3月  鳥取県東部広域行政管理組合退職
 ・平成10年 4月  鳥取市議会議員当選(2期)
 ・平成15年 4月   鳥取県議会議員当選(4期)
 ・平成17年 6月  鳥取県議会総務警察常任委員会副委員長
 ・平成17年 7月  鳥取県議会高速交通体系整備・地域間交流促進調査特別委員会副委員長
 ・平成18年 7月  鳥取県議会交通・通信基盤整備調査特別委員会副委員長
 ・平成19年 5月  鳥取県議会教育民生常任委員会委員長
 ・平成23年 5月  鳥取県議会企画県土警察常任委員会委員長
 ・平成27年 5月   鳥取県議会副議長就任(5月8日付)

正副議長週間行事予定表


情報公開


参考