ごあいさつ

鳥取県議会のホームページに、お越しくださりありがとうございます。
稲田議長 我が国の景気は、大都市を中心に緩やかな回復が続いておりますが、本県におきましては依然として景気回復の実感に乏しく、経済の好循環を実感できていない状況にあります。また、東京一極集中の弊害により、人口減少や過疎化・高齢化への対応など大きな課題を突き付けられている現状にあります。
 しかしながら、そのような厳しい状況だからこそ、本県が成長していく力を取り戻し、本県を担うであろう次世代の子どもたちのためにも、「誰もが誇りを持つ郷土」、「明るく豊かで住みよい鳥取県」を我々の力で創生していかなければなりません。
 鳥取県中部地震からの復興はもとより、県内産業の経営基盤の強化や本県の基幹産業である農林水産業の振興、子育て環境の整備や少子化対策、女性が活躍できる環境づくり、医療・子育て対策など1つ1つの課題を着実に解決していく必要があります。
 県議会としても、高い問題意識のなか、積極的かつ果敢に正面から知事と向き合い、大いに議論し、清々しい緊張関係のなか県民の負託に応えていかなければなりません。
 また、議会内においては、政策立案機能や監視機能をさらに充実させるとともに、県民の皆様の多様なご意見等を積極的に県政に反映させるなど、さらなる議会改革に全力で取り組んでまいる所存であります。
 私は、議会制民主主義の本旨にのっとり、常に公正・公平な立場で、信頼され、期待される議会となるよう努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

  
  鳥取県議会議長 稲田 寿久

プロフィール

・昭和20年 8月  生まれ
・昭和44年 3月  中央大学法学部法律学科卒業
・昭和49年11月   相沢英之事務所
・昭和51年12月  衆議院議員相沢英之秘書
・昭和54年 9月   手島皓二事務所
・平成 4年  6月   衆議院議員相沢英之秘書
・平成15年 4月  鳥取県議会議員(4期)
・平成17年 6月  企画土木常任委員会副委員長
・平成19年 5月  鳥取県監査委員
・平成21年 6月  総務教育常任委員会委員長
・平成23年  5月  鳥取県議会副議長
・平成29年 6月  鳥取県議会議長就任(6月9日付)

正副議長週間行事予定表


情報公開


参考