境漁港の沿革

境港における水産基地形成の動き

昭和28年

第三種漁港指定

30年

荷揚げ上屋建設開始(栄町岸壁)~昭和46年まで

36年

境港水産事務所設置

37年

鳥取県営境港魚市場開設、県立境港水産会館建設

42年

境外港埋め立て地(現昭和町)造成

43年

産業道路(国道431号線)開通

44年

協同組合境港水産加工団地設立

48年

特定第三種漁港指定鳥取県営境港水産物卸売市場開設、荷揚げ上屋建設(3~5号上屋)~52年まで

52年

仲卸店舗建設

53年

水産加工汚水処理施設増設

55年

荷揚げ上屋建設(2号上屋)

56年

境港水産流通協同組合設立、流通会館建設

57年

県水産事務所移転(昭和町)

59年

荷揚げ上屋建設(1号上屋)~60年まで

61年

水産加工汚水処理施設増設

63年

活魚上屋建設

平成8年

荷揚げ上屋建設(7号上屋)、焼却処理施設(120kg/時)建設(10年にダイオキシン削減対策整備)

9年

みさき会館(水産物移入促進施設)の整備

12年

鳥取県西部地震被災(3~5号岸壁・上屋)、市場トイレ、仲卸店舗トイレ新設・改修~14年まで

14年

海水殺菌装置(1号、4号、7号)の整備

15年

鳥取県西部地震被災復旧工事完了、可変式ベルトコンベア(いかつり用)導入(1号岸壁)

16年

1号上屋防風防暑施設整備、市場駐車場の再整理(第1~7駐車場)、休憩岸壁への陸電施設新規設置

17年

2号上屋防風防暑施設整備

18年

2号上屋展望デッキ設置

20年

漁業取締船「はやぶさ」の水産事務所移管

21年

境港水産物市場管理株式会社への管理運営業務委託開始

23年

魚体選別機(フィッシュセレクター)の導入(3号岸壁)

25年

さかいみなと漁港・市場活性化ビジョンの策定

 26年

境港地区高度衛生管理基本計画の策定