国道181号の伯耆歩道橋の渡り初め式を開催しました。

国道181号の伯耆歩道橋の渡り初め式を平成29年7月14日(金)に開催しました。(伯耆町・鳥取県の主催)
岸本小学校の48名のみなさんを含め、総勢約80名の関係者に集まっていただき、式典の後、テープカット、くす玉開披、風船飛ばしを行いました。
最後に岸本小学校の児童を先頭に渡り初めを行い、伯耆歩道橋の完成を祝いました。

事業概要

  1. 事業箇所 西伯郡伯耆町大殿
  2. 橋梁延長 184.3m
  3. 橋梁幅員 3.0m
  4. 橋梁構造 上部工 3径間連続非合成鋼鈑桁橋(鉄筋コンクリート床版)
         下部工 逆T式橋台2基、小判形橋脚2基
  5. 事業期間 平成24年度~平成29年度
  6. 事業費  約10億円

伯耆歩道橋パンフレット.pdf(3352KB)

渡り初め式の様子

式典(主催者挨拶)

伯耆町長                 鳥取県西部総合事務所長

橋名板レプリカ贈呈

岸本小学校の児童4名。この4名に橋名を書いていただきました。

 

児童挨拶

岸本小学校からお礼の言葉をいただきました。

 

テープカット、くす玉開披

 

風船飛ばし

 

渡り初め

にぎやかに渡り初めを行いました。

 

 

都市計画道路 葭津和田町線の事業概要

下の画像をクリックするとパンフレット(PDFファイル 1.93MB)が開きます
都市計画道路よしづわだちょう線の航空写真

橋りょう工事現場見学会を開催しました!

国道181号(岸本バイパス)道路改築事業で日野川に新たに架かる橋の工事現場見学会を平成28年8月26日に岸本小学校の3年生(48名)を対象に開催しました。
当日は橋の上にお絵かきをし、工事現場で建設機械の乗車体験等をしました。
また現場見学会と合わせて、同校の卒業生であるイモトアヤコさんに原稿を書いて頂いた橋名板のお披露目をしました。



イベント開催状況

事前学習

伯耆大橋がどのようにして出来たかを見学前日に勉強しました。見学当日につけるヘルメット、安全帯をつけてみました。


建設機械乗車体験

高所作業車、バックホウ、除雪車の乗車体験をしました。
スコップを使って土のうを作り、土木の仕事の体験をしました。


橋名板お披露目

イモトアヤコさんが原稿を書いた橋名板のお披露目をしました。実際に触って、大きさや重さを体験しました。


橋の上へのお絵かき

橋の上にお絵かきをしました。広い橋の上にたくさん素敵な絵を描いていただきました。



岸本小学校の皆さんの喜ぶ姿や建設機械の大きさや能力に驚く場面などがみられました。土木工事への興味と共に、地元にできる橋に親しみを持っていただけたものと思います。
このたび橋の上に書いていただいた絵は、舗装をすれば消えてしまいますが、バイパス開通後この橋を通るたびに思い出していただければ嬉しいです。

国道181号岸本バイパスは、平成30年の全線供用を目指し、鋭意事業を進めているところです。
バイパスが供用するまでの間、今回お披露目を行った橋名板は、伯耆町役場にて展示することとしておりますので、興味がある方は、ぜひ御覧ください。