食品表示について

食品表示について

食品表示は、様々な法律で規制されています。
主なものは次のとおりです。

食品表示法

主旨:飲食による衛生上の危害発生の防止
   品質に関する適正な表示
   消費者の商品選択に資するための情報表示

表示の例:食品添加物、アレルギー物質、原材料名、原料原産地名など

詳細は消費者庁HPへ

景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)

主旨:虚偽・誇大な表示の禁止

詳細は消費者庁HPへ

計量法

主旨:適正な計量の実施の確保
表示の例:内容量など

詳細は経済産業省HPへ

米トレーサビリティ法

 

主旨:米の産地情報の伝達
詳細は農林水産省HPへ


食品表示相談窓口

  食品表示法(衛生・品質事項)
景品表示法 
米トレーサビリティ法
食品表示法(健康事項)
健康増進法 
計量法 
東部
地区
東部生活環境事務所
生活安全課
電話 0857-20-3677
ファクシミリ
0857-20-2103
東部福祉保健事務所
健康支援課
電話 0857-22-5695
ファクシミリ
0857-22-5669
県庁くらしの安心推進課
電話 0857-26-7601
ファクシミリ
0857-26-8171
中部
地区
中部総合事務所
生活環境局生活安全課
電話 0858-23-3157
ファクシミリ
0858-23-3266
中部総合事務所
福祉保健局健康支援課
電話 0858-23-3146
ファクシミリ
0858-23-4803
西部
地区
西部総合事務所
生活環境局生活安全課
電話 0859-31-9321
ファクシミリ
0859-31-9333
西部総合事務所
福祉保健局健康支援課
電話 0859-31-9319
ファクシミリ
0859-34-1392
食品表示以外の景品表示法に関することは、県庁くらしの安心推進課にお問合せください。
電話 0857-26-7247 ファクシミリ 0857-26-8171