高齢者を狙う悪質リフォーム業者にご注意

最近、ニュースなどで悪質リフォームという言葉を耳にすると思いますが、悪質住宅リフォームの手口をご存じですか?
一口に住宅リフォームといっても家の増改築だけではなく、床下の補強、屋根や壁の改修・塗装などの各種工事のほか、床下乾燥剤の散布、床下換気扇の設置工事などもあります。
  

悪質住宅リフォームの手口

  • 「無料点検をさせていただいています。」「床下が湿気っています。このままでは柱が腐って地震が来たら家が倒壊しますよ。」「梁にひびが入っています。補強工事をしないと危険ですよ。」などと言って不安をあおり契約させる。
  • 勧誘は長時間にわたり、断ってもすぐには帰らない。
  • 1回目の工事が済んでもまた業者が来て、「補強が不足している。」などと言って追加工事を勧め新たな契約をさせる。
  • 見積書は「工事一式」と書く場合が多い。

被害防止のポイント

  • 無料点検と言われても、すぐに玄関を開けない。
  • 工事の契約は一人でしない。家族や知人の同席を求めましょう。
  • 必ず見積書をもらいましょう。
  • 契約書に印鑑を押す前に本当に工事が必要かどうかじっくり考えましょう。