薬物乱用とは

 薬物の乱用とは、医薬品を医療目的以外に使用すること、又は医療目的にない薬物を不正に使用することをいいます。精神に影響を及ぼす物質の中で、覚せい剤、大麻、コカイン、LSD、MDMA、向精神薬、シンナー等習慣性があり、乱用され、又は乱用されるおそれのあるものが、法令によりその取扱いが禁止又は制限されています。

 これらの薬物は、中枢神経系に作用し、乱用したときの快感を得るため、又は乱用をやめたことによる苦痛(禁断症状)から逃れるため、薬物を強く求めるようになる「依存性」が形成されます。
 また、薬物を繰り返し使っているうちに同じ量では効かなくなる「耐性」が生じます。「たった一度だけ」という好奇心や遊びのつもりであっても、薬物の依存性と耐性によって、乱用する量や回数が増えていくという悪循環に陥り、自分の意志でやめることができなくなります。
 乱用をやめても、睡眠不足や過労、ストレス、飲酒等をきっかけにして、突然に精神障害が現れる(フラッシュバック)ことがあります。

 覚せい剤や麻薬等は、それを乱用する人間の身体、精神を蝕み、人が人としての生活を営むことをできなくするだけでなく、場合によっては死に至ることもあります。また、薬物乱用による幻覚、妄想が、殺人や放火等の凶悪な犯罪や交通事故を引き起こすことがあるなど、乱用者本人だけではなく、周囲の人、さらには社会全体に対しても、取り返しのつかない被害を及ぼしかねないのです。こうしたことから、覚せい剤、麻薬等の使用、所持などは法律により厳しく禁止されています。