精密検査

 生体検査、解体前検査、解体後検査それぞれの肉眼的検査に加えて、より精密な検査が必要な場合には、材料を試験室に移して詳しい検査を行います。この精密検査もと畜検査の一環です。精密検査の結果、全部廃棄に該当する疾病であると判定された場合、当該個体はすべて廃棄され、食肉として流通することはありません。
  

細菌検査

細菌検査 培養

 敗血症や豚丹毒等、細菌による伝染病等を疑った場合に実施します。血液や臓器から細菌を検出し、食用に適するかどうかを判断します。


ふき取り手元 ふき取り胸
 ふきとり検査の様子です。一定頭数を抜き取って、枝肉の胸部と肛門周囲の表面をふきとり、細菌検査を行います。結果は枝肉の衛生管理に役立てています。


理化学検査

理化学検査

 主に尿毒症や黄疸を疑った場合に行います。血液を材料にしてBUNやビリルビンの濃度を測定し、食用に適するかどうかを判断します。
 また、生前投与された動物用医薬品の残留や中毒を疑った場合には、筋肉や臓器を材料として検査を行います。


病理組織検査

病理検査
 主に、牛や豚の白血病や腫瘍を疑った場合の判定を行うために実施しています。該当部位を組織切片にし、顕微鏡で観察して食用に適するかどうかを判断します。


BSE(およびTSE)検査

 国内対策の見直しにより、平成29年4月1日から‟24か月齢以上の牛および全月齢のめん羊・山羊のうち原因不明の神経症状等が認められる場合”に、BSEまたはTSEスクリーニング検査を実施することになりました。