男女共同参画施策の概要

 鳥取県は、議員提案としては全国初となる「鳥取県男女共同参画推進条例」、条例に基づき県議会の同意を得て策定された「鳥取県男女共同参画計画」に基づいて、男女共同参画社会の実現に向けた取り組みを積極的に推し進めています。
  

いわゆる4割条項

 「鳥取県男女共同参画推進条例」の中で、政策決定の場である審議会等委員が、男女いずれかが4割を下回らないようにする、いわゆる「4割条項」を定め、女性委員の登用を進めました。その結果、鳥取県の女性登用率は全国でも上位になっています。

男女共同参画推進員制度

 男女共同参画に関する県の施策や対応への苦情を処理する第三者機関として、「男女共同参画推進員」制度を設けたのも、全国にあまり例のない取組です。

職場である県庁の取組

 県職員の配置についても、庶務業務が女性に偏るなどの男女の作られた能力差を生み出す人事制度を排し、これまで女性職員の配置が少なかった業務、たとえば、財政、税務、用地、道路・河川等管理、人事等に積極的に女性職員を配置しています。 
 また、各所属内でも、女性職員を安易に庶務担当にしないなどの取組を進めています。

県内事業所における取組の促進

 鳥取県は女性の就業率が高く、職場における取り組みが重要な課題です。
 このため、男女共同参画推進に取り組む企業を県知事が認定する「鳥取県男女共同参画推進企業認定制度」など独自の施策を展開し、県内事業所の取組を推進しています。
  

最後に本ページの担当課    鳥取県元気づくり総本部元気づくり推進局女性活躍推進課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70750857-26-7075    
    ファクシミリ  0857-26-8196
    E-mail  jyosei-katsuyaku@pref.tottori.lg.jp