沿革

        
昭和29年1月29日  保健婦助産婦看護婦法21条第2号の規定による看護婦養成所として指定される
昭和29年4月1日  石川一郎 初代学院長就任
 鳥取市吉方265番地に「鳥取県立高等看護学院」として設置(全寮制)
 学生定員は各学年20名、計60名
昭和30年11月  二代 佐々木盛 学院長着任
昭和39年12月14日  「鳥取県立鳥取高等看護学院」と名称変更
 一部通学許可
昭和39年5月  三代 石河貞利 学院長着任
昭和42年4月1日  教育課程の改正 (看護学専門領域を4分野に分ける)
昭和44年11月  四代 牧野禮一郎 学院長着任
昭和50年4月1日  学生定員数の変更  各学年40名 計120名
昭和50年5月15日  校舎を新築し、鳥取市江津260番地に移転
昭和52年4月1日  「鳥取県立鳥取看護専門学校」と名称変更
 学校教育法の一部改正に伴い、専修学校に位置づける指定校推薦入学制度を導入
昭和59年4月  五代 岩宮 緑 学校長着任
平成2年4月1日  教育課程の改正 (看護学専門領域を5分野に分ける)
平成5年4月  六代 加藤一吉 学校長着任
平成6年4月1日  男子学生が入学
平成7年4月  七代 植木寿一 学校長着任
平成9年4月1日  教育課程の改正(看護学専門領域を7分野に分ける)
 単位制を導入
平成10年9月4日  情報科学室に パソコン9台設置
平成12年3月30日  情報科学室にパソコン12台設置
平成14年4月1日  八代 武田 倬 学校長着任
 専任教員2名増員され、6名となる
平成16年4月1日  社会人入学制度を導入
 専任教員2名増員され、8名となる
 組織を改正し、校長を補佐する副校長(看護職)を配置
平成16年8月  図書室・在宅看護実習室を増築 
平成21年4月  教育課程の改正(専門分野を専門分野1、専門分野2とし、新たに統合分野を設ける)
 組織を改正し、教務主幹を配置、教務主任2人体制となる
平成24年4月1日  九代 日野理彦 学校長着任
平成26年4月  組織を改正し、教務主任3人体制となる
平成28年4月1日  十代 池口正英 学校長着任
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立鳥取看護専門学校
    住所 〒680-0901
             鳥取県鳥取市江津260
    電話  0857-29-24070857-29-2407    
    ファクシミリ  0857-29-2407
    E-mail  to_kango@pref.tottori.lg.jp