ユニバーサルツーリズム事例創出支援業務

ユニバーサルツーリズム事例創出支援対象事業者の募集が始まりました

ユニバーサルツーリズム事例創出支援事業について
<概要>
「誰もが楽しめる観光地・鳥取県」普及に向けたモデル事例の創出に向け、施設の段差解消などの改修やスタッフの接客・接遇向上等により経営改善を図ることで、高齢者・障がい者を対象としたユニバーサルツーリズムの取り組みを推進する県内ホテル旅館等経営者(以下「支援対象事業者」という。)を支援します。

<事業の内容>
支援対象象事業者を1者選定し、以下の内容を行います。
1ユニバーサル化の先進地視察
2マーケティング調査、ターゲット分析等に基づいた施設改修等の事業計画立案、実践
3取組成果の県内普及

<申し込み先>
ユニバーサルツーリズム事例創出支援業務は、県が株式会社山陰合同銀行に委託し実施します。
平成30年7月5日までに山陰合同銀行に直接申し込んで下さい。

<申し込み先>
株式会社山陰合同銀行申込先リンク(外部リンク)

<用語解説>

 ○ユニバーサルツーリズム
全ての人が楽しめるよう創られた旅行。高齢や障がい等の有無に関わらず、また、外国人観光客や妊産婦、子育て世代を含めて誰もが気兼ねなく参加できる旅行を指す。
○ユニバーサル化
物理的な障害(バリア)の除去だけでなく、すべての人が快適に過ごせるよう客室等にユニバーサルデザインを取り入れたり、高齢の方・障がいのある方をお迎えするため、接遇等に工夫をすることなど。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県観光交流局観光戦略課
   住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-7218    ファクシミリ  0857-26-8308
    E-mail  kankou@pref.tottori.lg.jp