平成30年度鳥取県職員採用試験(高校卒業程度、短大卒業程度)の実施

 標記の採用試験を以下のとおり実施します。
  

1 概要

(1)募集職種・採用予定者数

職種

採用予定者数

一般事務

9名程度 

土木

2名程度 

警察行政

1名程度 

公立学校栄養職員

1名程度 

 司書

 1名程度

14名程度 

(2)採用予定時期

平成31年4月1日

(3)受験資格

(ア)年齢等

  • 一般事務、土木及び警察行政:
    平成9年4月2日から平成13年4月1日までに生まれた人。ただし、学校教育法による大学(短期大学を除く。)を卒業した人又は平成31年3月31日までに卒業する見込みの人(人事委員会が同等の資格があると認める人を含む。)を除く。
  • 公立学校栄養職員、司書:
    昭和58年4月2日以降に生まれた人

(イ)資格・免許等

  • 公立学校栄養職員:
    栄養士法(昭和22年法律第245号)第2条第1項に規定する栄養士の免許を有する者又は平成31年3月31日までに当該免許を取得する見込みの者
  • 司書:
    図書館法(昭和25年法律第118号)第5条第1項に規定する司書の資格を有する者又は平成31年3月 31日までに当該資格を取得する見込みの者

(ウ)国籍

 日本国籍を有しない人にあっては、就職に制限のない在留資格を有しているか、平成31年3月31日までに取得見込みであれば受験可能。ただし、警察行政は日本国籍が必要。

(4)試験日程

受付期間

7月27日(金)~8月13日(月)(消印有効)

(インターネット受付:7月27日(金)午前9時~8月13日(月)午後5時)

第1次試験

試験日

9月23日(日)

試験会場

(鳥取会場):鳥取大学共通教育棟

(米子会場):鳥取大学医学部講義・実習棟

試験種目

【一般事務】
教養試験(多肢選択式)、作文試験、適性検査
【警察行政】
教養試験(多肢選択式)、適性検査
【土木、公立学校栄養職員、司書】
教養試験(多肢選択式)、専門試験(多肢選択式)、作文試験、適性検査

合格者発表日

10月3日(水)(予定)

第2次試験

試験日

【一般事務、土木、公立学校栄養職員、司書】
10月下旬(予定)
【警察行政】
10月26日(金)(予定)

試験会場

【一般事務、土木、公立学校栄養職員、司書】
鳥取県庁第二庁舎会議室
【警察行政】
県警察本部庁舎会議室

試験種目

【一般事務、土木、公立学校栄養職員、司書】
人物試験(集団討論及び個別面接)
【警察行政】
人物試験(個別面接)、作文試験、身体検査

採用候補者
発表日

【一般事務、土木、公立学校栄養職員、司書】
11月上旬(予定)
【警察行政】
11月22日(木)(予定)

※ 警察行政の第2次試験は、警察本部に委任して実施。
(注) 警察行政を除く職種で第1次試験で実施する作文試験の評価は、第2次試験で行います。(第1次試験合格者のみ採点します。)また、第1次試験で実施する適性検査の検査結果は、第2次試験の人物試験の参考として使用します。(第1次試験合格者のみ判定します。)

2 受験案内

(1)PDFファイル

受験案内は7月中旬頃から掲載する予定です。

  試験内容、受験申込手続等が記載されています。

アドビリーダのダウンロード

 

(2)受験案内(申込書)配布場所

 鳥取県庁本庁舎受付、東部庁舎1階、八頭庁舎別館1階、中部総合事務所地域振興局、西部総合事務所地域振興局、西部総合事務所日野振興センター日野振興局、東京本部、関西本部、名古屋代表部、人事委員会事務局、警察本部県民ホール、各警察署、交番及び駐在所 ほか 

  • 郵便若しくは信書便での送付を希望される場合は、120円切手を貼った宛先明記の返信用封筒(角2サイズ)を同封の上、人事委員会事務局へ請求してください。

※請求用封筒には必ず「県職員(高卒、短卒)請求」と朱書きしてください。(入手方法の詳細ページへのリンク