博物館ロゴ                              (topページへ戻る) 利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

クロッシング6 前田寛治×植田正治

コレクション展「クロッシング! vol.6 前田寛治×植田正治」

 開催期間:平成30年2月15日(木)~4月10日(火)

 平成29年度の美術常設展示室では、当館のコレクションを構成する主要な作家の中から、何らかの共通項で括れる二人を選び、時代やジャンルを越えて組み合わせる展示「クロッシング!」を全6回開催します。
 最終回は、鳥取県を代表する二人、洋画家の前田寛治(1896年~1930年)と植田正治(1913年~2000年)を取り上げてご紹介します。
 現在の北栄町に生まれ、昭和初期に東京で佐伯祐三、里見勝蔵らと美術団体「1930年協会」を設立し、時代の寵児として画壇の注目を浴びた前田と、出身地の境港市で営業写真館を開業し、没するまで鳥取県内を拠点に制作活動を行った植田。
 二人は活躍した時代も環境も大きく異なりますが、ともに家族をテーマにした作品が、それぞれの代表作として知られています。今回の展示では、前田寛治《棟梁の家族》と植田正治《パパとママとこどもたち》に焦点を当て作品の魅力に迫ります。また併せて、二人の個性が表れたコレクション(館蔵品・寄託品)をご紹介します。

作品一覧
作品一覧
展示風景

□あなたの「お気に入りの1点」を教えてください!

今年度の美術部門コレクション展では、あなたの「お気に入りの1点」をお聞きするアンケートを行っています。回答いただいた内容は「Our Collections!ーあなたとつくる:わたしたちのコレクション展(仮題)」(平成30年11月23日~12月24日)展示に反映します。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp