性的マイノリティ(LGBT)研修会を開催しました。

LGBTとは、性的少数者(マイノリティ)を表す言葉で、Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシュアル)、Trangender(トランスジェンダー)の頭文字をとったものです。

LGBTは、約13人に1人といわれるとても身近なマイノリティです。しかし、可視化されづらいマイノリティだからこそ、"みんなと違う"ことを幼少期から感じ、葛藤してきた人は少なくありません。そんなLGBTの大学生・若者が、"誰かと違う"ことを受容した経験や、人と違うからできた経験などを伝えることで、「みんなちがって、みんないい」「みんなとちがって、それがいい」を体感できる講演会を開催しました。

日時

【中部会場】
12月5日(火) 倉吉交流プラザ 視聴覚ホール
13時30分~15時30分

【東部会場】
12月6日(水) とりぎん文化会館 第1会議室
13時30分~15時30分

講師団体:特定非営利活動法人ReBit(リビット)

LGBTを含めた全ての子どもがありのままで大人になれる社会を目指し、大学生や20代の若者約400名で活動中。LGBTを切り口とした出張授業や研修、LGBTに関するイベント運営、LGBTのキャリア育成の3つの事業を、小学校~大学・教育委員会・自治体・企業を対象に550回以上実施しています。
   ReBitのみなさん