鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





平成29年台風第22号に関する情報

[平成29年10月28日16時00分更新]

 台風第22号の中心は、28日14時前に沖縄本島を通過し、鹿児島県与論島付近を1時間におよそ30キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。また、中心の北側560キロ以内と南側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 お住まいの地域やお出掛け先の最新の気象情報、行政からの情報に注意して早目早目の備えと行動をお願いします。

 とりネット・とりネット(モバイル版)の他、あんしんトリピーメールフェイスブックツイッターなどでも情報発信します。

 平成29年 台風第22号に関する情報(気象庁)

県の体制について

10月30日

 

 1時10分 警戒体制(1)

県内の気象警報の発表状況

台風第22号への備え

      
  • 万一のときに緊急的に危険を回避する「指定緊急避難場所」は、洪水・土砂災害・地震などの災害の種類によって使用できない場合がありますので、洪水・土砂災害に適した「指定緊急避難場所」を事前にご確認ください。
  • 市町村から避難の呼びかけ(避難勧告等)があったときは、市町村が開設・指示した緊急避難場所、避難所へ避難してください。市町村からの避難の呼びかけ(避難勧告等)の前に自主的に避難するときは、その場所が浸水、土砂災害のおそれがないか十分確認し、危険な場所へ避難しないようにしてください。
  • 気象注意報・警報・土砂災害警戒情報等の最新情報をTVやラジオ等 から入手するよう心がけてください。
  • 家の周りを点検し、飛散する可能性のあるものを屋内に収納するか、固定してください。
  • 状況が悪化した場合は不要不急な外出は控えてください。
  • 大雨の最中や直後には、増水した用水路や側溝等に近づかないでください。
  • 非常持出品の準備、家族間の連絡方法等を確認してください。
  • 市町村から「避難準備・高齢者等避難開始」が発表されたら避難行動要支援者等は避難行動を開始してください。 また、発表されていなくても危険を感じたら早めに自主避難してください。
  • 市町村から「避難勧告」「避難指示(緊急)」が発表されたら、あわてず速やかに避難してください。また、発表されていなくても危険を感じたら早めに自主避難してください。
  • 夜間に大雨などによって避難しないといけないおそれがある場合は、早めの予防的な避難を行い、また、既に避難することが危険と思われる状況になっているときは、垂直避難等(家の2階以上や崖等の反対側への移動)により安全を確保してください。
  • 梨、柿、リンゴなどの農作物の固定化、あらかじめ収穫等の強風・水害予防措置を事前に行ってください。また、畜舎、農具舎等の強風対策を徹底し、飛散しそうな資材は屋内に入れてください。
  • 農地・ため池の見まわりなどは、安全が確認された後に実施し、人命最優先、二次災害の防止を徹底してください。

※「避難準備・高齢者等避難開始」は、高齢者、障がい者、歩行が困難な人など、避難行動に時間を要する人が避難行動を開始しなければならない状況になったときに市町村が発表します。「避難勧告」などの意味合いと住民に求められる行動はこちらからご確認ください。

  

大雨により国道53号が片側交互通行となっています。万が一、国道53号と鳥取自動車道が同時に通行止めとなった場合の迂回路情報については県道路企画課のホームページで情報提供しています。また規制情報を確認の上、国道29号、国道179号、国道313号をご利用いただき、広域的な迂回をお願いします。