鳥取県中部地震から1年 「復興」そして「福興」へ

  

平井知事コメント

 10月21日午後2時7分。
 あの「鳥取県中部地震」から1年が経ちます。
 復旧・復興に向けて、県民の皆様をはじめ地域が心一つに力を合わせ、多くの皆様から温かい「ご支援」「ご協力」をいただき、課題を一つひとつ乗り越え着実に歩んでまいりました。
 単に元に戻すだけの復興よりも、今地域の力が一つになった時にこそ、幸福を興していく「復興」から「福興」へ。県民の皆様と共に、鳥取県らしい人と人との絆を活かしながら、住み続けるふるさと、住み続けたいふるさとへ、更に一歩、もう一歩と進んでまいります。
 一日も早い復興・福興をお祈り申し上げますとともに、今後ともお力添え賜りますようお願い申し上げます。

 頑張ろう中部! 頑張ろう鳥取県!
 

 

 鳥取県知事 平井 伸治     

  

■メニュー

ご支援ありがとうございますのページへ 「復興」そして「福興」へのページへ 鳥取の観光・食情報のページへ


  

鳥取県中部地震について

 平成28年10月21日(金)14時7分、鳥取県中部を中心に震度6弱、1494ガルの揺れを観測する非常に大きな地震が発生しました。

 発生当日から県・市町村・他府県・民間の垣根を超えた連携と支援の輪で、平成12年鳥取県西部地震時を上回るスピードで、住宅再建支援などの復旧が進んできました。
 あわせて地震や風評被害に負けない姿を、全国へ発信し、元気な鳥取をPRして参りました。

 また、このたびの地震では、地域の団体、ボランティア団体、移住者、地域住民同士による支援、助けあいが行われ、鳥取県ならではの人と人、人と地域との絆の強さが発揮されたのも特徴です。

 このような取組に加え、多くの皆様からのご支援、ご協力により、復旧・復興に向け着実に進んできました。

 今後は、この鳥取県の絆を活かし、地震のマイナスをゼロにするだけでなく、プラスにする「福興」に向け進んでいきます。

地震の概要

  • 発生日時:平成28年10月21日(金)14時7分
  • 震  源:鳥取県中部(三朝町)
  • マグニチュード:6.6  震源の深さ:11km
  • 最大震度6弱 倉吉市、湯梨浜町、北栄町
  • 瞬間的な揺れの強さを示す加速度 1,494ガル(防災科学技術研究所)
    ※熊本地震の本震の1,362ガル、阪神大震災の818ガルを上回る
  • 人的被害 重傷8人、軽傷17人  ※関連死も含めて死者はゼロ
  • 住家被害 約1万5千棟(全壊18、半壊312棟など) ※火災ゼロ