鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





4月17日は鳥取大火の起きた日です。

鳥取大火とは

 昭和27年(1952)年4月17日午後2時55分頃、鳥取市吉方の市営動源温泉付近から出火し、フェーン現象による強い南風の影響で火は瞬く間に燃え広がり、旧市街地の3分の2を焼き尽くしました。鎮火したのは、火災発生から約12時間後の翌18日午前3時ごろのことでした。
 この大火による被害は、死者2人、負傷者3,966人、り災者数は2万4千人に上りました。焼失建物は個人家屋5,228戸、公共造営物・会社銀行等510棟で、被害総額は193億2,639万円(推定)に上るなど、戦後では国内最大級の火災となりました。

とりせん百貨店前   遷喬小学校付近から智頭街道方向(南西)を望む     片原にあった中国電力鳥取営業所(現在の中電ふれあいホール付近)から見た市街地の焼失状況

(鳥取県立公文書館所蔵)    

火の取り扱いにはご注意を!!

関連行事

◎「小学生が体験した鳥取大火」開催中

 会期:平成30年4月16日(月)~ 5月15日(火)  
          4月29日(日)、30日(月)及び5月3日(木)から5日(土)は休館 。
 場所:公文書館(1階展示コーナー) ※ 入場無料 
 主催:鳥取県立公文書館