平成29年度鳥取県職員採用試験(民間企業等経験者対象)の実施

標記の採用試験を以下のとおり実施します。
  

1 概要

(1) 試験の目的

 公務部門に民間等の知識・経験を導入し、新たな業務増や政策課題等に対応するとともに、組織・人事の活性化を図る。

(2) 職種、要件の見直し

 地域の元気づくりを一層推進していくための多様な人材を確保するため、情報発信・広報等、マーケティング業務等、観光地等への誘客業務等に関する職務経験を有するかたを対象にした事務(情報発信・広報コース)、事務(とっとりブランド創造コース)、事務(観光振興コース)を新設しました。

(3) 採用予定者数

職種

採用予定者数

 事務(情報発信・広報コース)

1名程度

 事務(とっとりブランド創造コース)

1名程度

 事務(観光振興コース)

1名程度

 事務(文化芸術コース)

1名程度

 事務(スポーツコース)

1名程度

 事務(地域おこし・地方創生コース)

2名程度

事務(一般コース)

4名程度

 

(4)採用予定時期

平成30年4月1日(ただし、欠員等の状況によっては、それ以前に採用されることもある。)

(5)受験資格

(ア)年齢

 昭和33年4月2日以降に生まれた人

(イ)経験要件

事務(情報発信・広報コース)
 報道機関、広告代理店をはじめ民間企業等(公的団体を含む。)の情報発信・広報部門等において、情報発信、広報に関する職務経験を通算して5年以上有している人

 

事務(とっとりブランド創造コース)

 民間企業等(公的団体を含む。)において、マーケティング業務等(商品等の企画・掘り起こし・ブランド化、市場動向を踏まえた戦略的な販路開拓)に関する職務経験を通算して5年以上有している人

事務(観光振興コース)

 民間企業等(公的団体を含む。)において、観光地(施設)等への誘客業務等(コンテンツの掘り起こし・メニュー化、ツアー等の企画立案等)に関する職務経験を通算して5年以上有している人

(上記各コース共通)
 (1)「職務経験」は、平成19年4月1日から平成29年4月30日までの間に、社員等として1つの民間企業等(公的団体を含む。)に1年以上継続して就業(1週間の労働時間数が通常の労働者の所定労働時間数のおおむね4分の3以上の就業)した期間が該当します。
 (2)1年以上継続した職務経験が複数ある場合は、それらを通算することができますが、個々の継続した職務経験が1年未満の場合は通算できません。
 ただし、雇用期間が1年未満の場合であっても、継続して就業した後に雇用契約が更新され、引き続き同一の民間企業等(公的団体を含む。)に継続して就業した場合であって、更新前後の就業期間を通算して1年以上となる場合は、その期間は「1年以上継続して就業した期間」として取り扱います。
 (3)上記のいずれにおいても、期間を通算する計算は月単位で行い、月の中途で就職又は退職した場合は、その月は全て就業していたものとみなします。 
 

事務(文化芸術コース)

 文化芸術分野(文学、音楽、美術、写真、演劇、舞踊、映画、漫画、アニメーション、その他の芸術等)において、平成 19年4月1日から平成29年4月30日までの間に、次に掲げるいずれかの実績を収めた人
・国際レベルのコンクール等への出場、ノミネート、出品等
・全国レベルのコンクール等(全国的な組織がある分野においては当該組織が行う大会)で3位以内(これと同等の賞を含む。)
 (1)国際レベルのコンクール等への出場、ノミネート又は出品等については、予選・本選があるものについては、本選のみが対象です。また、登録のみで出場、ノミネート又は出品等できるものは対象外です。
 (2)団体で行うオーケストラなどについては、指揮者、演奏者として出場したものに限ります。
 (3)参加資格が「15歳以上18歳未満」、「高校生」又は「大学生」など特定の範囲に限定されたコンクール等は対象外です。

事務(スポーツコース)

 スポーツ分野において、平成19年4月1日から平成29年4月30日までの間に、次に掲げるいずれかの実績を収めた人
・国際レベルの大会等(オリンピック大会、アジア大会及びこれに準ずる大会)への代表選手として出場
・全国レベルの大会等(日本選手権大会及びこれに準ずる大会)で3位以内
 (1)団体種目については、選手として出場したものに限ります。なお、団体種目の選手としての出場については、全国大会等の試合に短時間出場した場合なども含みます。ただし、選手登録をしただけで出場しなかった場合は対象外です。
 (2)参加資格が「15歳以上18歳未満」、「高校生」又は「大学生」など特定の範囲に限定された大会は対象外です。

 
事務(地域おこし・地方創生コース)

 地域おこし協力隊をはじめ地方創生に資する次のいずれかの経験を通算して2年以上有している人
  ・地域おこし協力隊
  ・少子高齢化対策
  ・地域づくり、まちづくり、中山間地域の振興
  ・移住定住
  ・観光誘客、観光資源の魅力づくり
  ・農林水産業等のブランド戦略   等 
 (1)「地域おこし協力隊をはじめ地方創生に資する経験」には、平成19年4月1日から平成29年4月30日までの間に、1つの民間企業・団体等において1年以上継続して上記に従事した期間が該当する。
 (2)1年以上継続した経験が複数ある場合は、それらを通算することができるが、個々の継続した経験が1年未満の場合は通算できない。
 (3)上記のいずれにおいても、期間を通算する計算は月単位で行い、月の中途で従事した場合又は従事しなくなった場合は、その月は全て従事していたものとみなす。 

事務(一般コース)
 民間企業等(公的団体を含む。)における職務経験を通算して5年以上有している人

 (1)「民間企業等(公的団体を含む。)における職務経験」には、平成19年4月1日から平成29年4月30日までの間に、社員等として1つの民間企業等に1年以上継続して就業(1週間の労働時間数が通常の労働者の所定労働時間数のおおむね4分の3以上の就業)した期間が該当し、職務内容は問わない。
 (2)1年以上継続した職務経験が複数ある場合は、それらを通算することができるが、個々の継続した職務経験が1年未満の場合は通算できない。
 ただし、雇用期間が1年未満の場合であっても、継続して就業した後に雇用契約が更新され、引き続き同一の民間企業等(公的団体を含む。)に継続して就業した場合であって、更新前後の就業期間を通算して1年以上となる場合は、その期間は「1年以上継続して就業した期間」として取り扱う。
 (3)上記のいずれにおいても、期間を通算する計算は月単位で行い、月の中途で就職又は退職した場合は、その月は全て就業していたものとみなす。

 

(ウ)国籍

 日本国籍を有しない人は、就職に制限のない在留資格を取得しているか、平成30年3月31日までに取得見込みであること。

(6)試験日程

受付期間

5月2日(火)~5月22日(月)(消印有効)

(インターネット受付:5月2日(火)0時~5月17日(水)24時)

第1次試験

試験日

6月25日(日)

試験会場

(鳥取会場):鳥取大学共通教育棟

(米子会場):鳥取大学医学部講義・実習棟

(東京会場):立教大学池袋キャンパス5号館

(大阪会場):関西大学千里山キャンパス第2学舎2号館

試験種目

【事務】
基礎能力試験(多肢選択式)、エントリーシート、論文試験、適性検査

合格者
発表日

7月6日(木)(予定)

第2次試験

試験日

7月21日(金)~23日(日)のうち指定する1日(予定)

試験会場

鳥取県庁第2庁舎会議室

試験種目

【事務】
人物試験(個別面接)

採用候補者発表日

8月下旬(予定)

(注1) 第1次試験で実施する論文試験の評価は第2次試験で行います。(第1次試験合格者のみ採点します。)また、第1次試験で実施する適性検査の検査結果は、第2次試験の人物試験の参考として使用します。(第1次試験合格者のみ判定します。)
(注2) エントリーシートは、第2次試験の人物試験の参考資料としても使用し ます。

2 受験案内

(1)PDFファイル

平成29年度鳥取県職員採用試験(民間企業等経験者対象)受験案内(PDFファイル:647KB)
試験内容、受験申込手続等が記載されています。

アドビリーダのダウンロード

(1) 受験案内(申込書)配布場所

 (配布は5月上旬から)
 県庁本庁舎県民課、東部庁舎1階、八頭庁舎別館1階、中部総合事務所地域振興局、西部総合事務所地域振興局、西部総合事務所日野振興センター日野振興局、東京本部、関西本部、名古屋代表部、人事委員会事務局 ほか

  • 郵便または信書便での送付を希望する場合は、120円切手を貼った宛先明記の返信用封筒(角2サイズ)を同封の上、人事委員会事務局へ請求してください。

※請求用封筒には必ず「県職員(民間)請求」と朱書きしてください。(入手方法の詳細ページへのリンク

3 申込手続

次のいずれかの方法により申込みしてください。
なお、申込みの際には必ず受験案内をご確認ください。

(1) インターネット上の鳥取県のホームページ(とりネット)の電子申請の受付サービスを利用して申込みをする方法

インターネット用申込アドレス

 https://s-kantan.com/pref-tottori-u/ 
 
インターネット申込みを行う際の注意事項
  • 電子申請システム画面上の注意事項に従って申し込んでください。
  • pref-tottori@s-kantan.com」からのメールを受信できるように設定してください。
  • 携帯電話(スマートフォンを除く)からの申込みはできません。
  • プリンタがない場合は、インターネットでの申込みは行わないでください。
  • ご使用の機器や環境によっては、一部対応できない場合があります。
  • 受付期間の終了直前になると電子申請システムへのアクセスが集中し、操作がしにくくなるおそれがありますので、申込みはできるだけお早めに行ってください。
  • 申込みが完了すると、「申込完了通知メール」、「審査完了通知メール」の電子メールが順次、申込みの際に登録したアドレスに送信されます。申込後直ちに「申込完了通知メール」の電子メールが届かない場合又は申込後2日(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)経っても「審査完了通知メール」の電子メールが届かない場合は、鳥取県人事委員会事務局までお問い合わせください。
     これらの電子メールに記載されている整理番号は受験票作成の際に必要ですので、メールを削除しないように注意してください。
  • 申込み後の受付状況が確認できます。
  • 電子申請者用の受験票及び受験番号は5月31日(水)頃からホームページに掲載する予定です。

(2) 所定の受験申込書に必要事項を記入の上、申込み先に持参、郵便または信書便により提出する方法

申込先

鳥取県人事委員会事務局
〒680-8570 鳥取市東町1丁目271県庁第2庁舎 電話0857-26-7552・7553  

プリントアウト用受験申込書(PDFファイル:171KB)

※受験申込書をプリントアウトして申込みをする場合は、A4サイズで印刷(両面印刷)してください。 

※片面印刷する場合は、表と裏の点線に注意して貼りあわせてください。