「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」配分委員会について

義援金配分委員会(第1回、第2回)の開催結果及び義援金第1次配分単価等の決定

 

 「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」配分委員会を、平成28年11月29日(火)(第1回)及び平成28年12月2日(金)(第2回)に開催しましたので、その概要を公表します。
 また、第2回の配分委員会において義援金の第1次配分単価等が決定しましたので、併せて公表します。

1 義援金配分委員会の概要
  義援金配分委員会設置要綱((3)に掲載)が第1回の配分委員会で了承されるととも
 に、委員の互選により、委員長、副委員長を次のとおり決定。
  なお、委員等については次のとおり。

(1)委員名簿                                                                  

所属及び役職名

氏名

備考

 日本赤十字社鳥取県支部事務局長  前嶋 成樹  
 鳥取県共同募金会配分委員会委員長  相見 槻子  副委員長
 鳥取県社会福祉協議会専務理事  杉本 新二  
 NHK鳥取放送局長  小田橋 昭仁  
 鳥取県福祉保健部長  藪田 千登世  委員長
 鳥取県生活環境部くらしの安心局長  酒嶋 優  
(2)事務局
   鳥取県福祉保健部福祉保健課
(3)義援金配分委員会設置要綱

   配分委員会設置要綱(PDF:50KB)

2 第1回配分委員会
(1)日時  11月29日(火)午後2時から午後3時
(2)場所  日本赤十字社鳥取県支部奉仕団室
(3)概要  以下のとおり

 ア 受付状況

窓口

 件数

 金額(円)

 日本赤十字社鳥取県支部

 420

33,901,533

 鳥取県共同募金会

702

 11,980,030

 鳥取県

151

18,093,147

合計

1,273

63,974,710

 イ 配分案

 一次配分基準

必要額試算

想定件数

 必要額(千円)

人的被害(死亡)  該当なし

人的被害(重傷者)  70千円/人

4件

 280千円

住宅被害(全壊)  100千円/世帯

20世帯

2,000千円

住宅被害(大規模半壊)  50千円/世帯

125世帯

 6,250千円

住宅被害(半壊)  35千円/世帯

125世帯

 4,375千円

合計

 -

 -

 12,905千円

 ウ 主な意見
 ・義援金約64百万円に対し、一次配分額が約13百万円であり(約2割)で少ない。
 ・約8割が保留となっているが、どうするのか早急に検討すべきである。

  ・個々の配分額が低い。他県の災害例でも一次配分で30~40万円であり、増額を検討すべきである。


3 第2回配分委員会
(1)日時  12月2日(金)午後3時45分から午後4時20分
(2)場所  県庁第34会議室
(3)概要  以下のとおり

 ア 配分案

 一次配分基準

必要額試算

想定件数

 必要額(千円)

人的被害(死亡)  該当なし

人的被害(重傷者)  100千円/人

4件

 400千円

住宅被害(全壊)  300千円/世帯

20世帯

6,000千円

住宅被害(大規模半壊)  150千円/世帯

125世帯

 18,750千円

住宅被害(半壊)  100千円/世帯

125世帯

 12,500千円

小計

 -

 -

 37,650千円

住宅被害(小規模半壊)  県の被災者住宅修繕支援金に活用

 26,325千円

合計

 -

 -

 63,975千円

 イ 主な意見
 ・配分額が増額してあり事務局案を了承する。
 ・今回の配分ルールは、小規模半壊世帯が99%という特殊な災害のものであり、今後の災害の
 時はその被害の実態に応じた配分ルールとすること。

4 今後の予定
 ○年内を目途に市町村に対して義援金を配分
 ○市町村から随時被災者へ義援金を配分
 ○第3回配分委員会を1月下旬頃、第4回配分委員会を4月上旬頃に開催