第4
マウスが上にくると画像が拡大します youtube動画チャンネルロゴ
手話パフォーマンス甲子園公式facebookボタン 手話パフォーマンス甲子園公式ツイッターボタン 手話パフォーマンス甲子園公式LINEボタン

↓クリックで拡大↓
PRポスター

全日本ろうあ連盟へのリンク 日本財団へのリンク 鳥取県聴覚障害者協会へのリンク あいサポート運動 鳥取県観光案内とっとり旅の生情報へのリンク 手話観光ガイドリンク

第4回大会の概要

  

目的

 ろう者と聞こえる人が互いを理解し共生することができる社会を築く「鳥取県手話言語条例」の理念を実現すべく、全国の高校生が手話を使った様々なパフォーマンスを繰り広げる場をつくり発信することにより、多くの人に手話の魅力や手話が優れた意思及び情報伝達手段であることを実感してもらうとともに、手話とパフォーマンスを通じた交流の推進及び地域の活性化に寄与することを目的に、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」を“手話の聖地”鳥取県で開催する。
  

日程

開催日程:平成29年10月1日(日)午前9時15分から午後5時まで(時間は予定)
  

会場

とりぎん文化会館 梨花ホール
(鳥取県鳥取市尚徳町101-5)
 >> とりぎん文化会館ホームページ(外部リンク)

大会の案内(開催要項等)

  

主催

手話パフォーマンス甲子園実行委員会
  

共催

鳥取県、公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会
  

特別協賛

日本財団
  

特別協力

一般財団法人全日本ろうあ連盟
  

後援

(予定)
内閣府、厚生労働省、文部科学省、鳥取市、手話を広める知事の会、全国手話言語市区長会、一般社団法人全国手話通訳問題研究会、一般社団法人日本手話通訳士協会、全国聾学校長会、全国高等学校文化連盟、朝日新聞厚生文化事業団、NHK 厚生文化事業団、社会福祉法人全国社会福祉協議会、全国難聴児を持つ親の会、日本演劇教育連盟、日本障害フォーラム、朝日新聞社、毎日新聞鳥取支局、読売新聞鳥取支局、産経新聞社、日本経済新聞社鳥取支局、新日本海新聞社、山陰中央新報社、中国新聞鳥取支局、共同通信社鳥取支局、時事通信社鳥取支局、NHK鳥取放送局、BSS 山陰放送、日本海テレビ、TSK 山陰中央テレビ、テレビ朝日鳥取支局、鳥取県ケーブルテレビ協議会、エフエム山陰、FM 鳥取、DARAZ FM
  

参加資格

(1)  平成29年度に高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)、特別支援学校高等部、高等専門学校(3年生まで)又は高等専修学校(3年生まで)に在籍していること。
(2)  本大会に参加することについて、在籍する校長の承認が得られていること。また、参加する生徒について、校長の推薦が得られていること。
(3)  本大会への参加に当たって、原則として在籍する学校の教職員が引率できること。
(4)  原則として、本大会の全日程(リハーサル及び交流会を含む。)に参加できること。
  

スケジュール

2月17日(金)      開催告知
4月28日(金)      大会の開催日及び開催要項等の公表
5月15日(月)     参加申込み受付開始
7月3日(月)     参加申込み締切
7月20日(木)     予選審査動画の提出締切
8月2日(水)     予選審査会
8月3日(木)     予選審査会(結果発表、本大会演技順番、選手宣誓チーム決定)
9月1日(金)       ヒアリングシートの提出(演技内容の詳細(シナリオ、楽曲等の報告)       
9月30日(土)      リハーサル(本大会と同会場)、交流会
10月1日(日)      本大会 (とりぎん文化会館 梨花ホール)
  

お問い合わせ先及び各種応募・申込先

〒680‐8570 鳥取市東町一丁目220番地
手話パフォーマンス甲子園実行委員会事務局
(鳥取県 福祉保健部 ささえあい福祉局 障がい福祉課内)
電話       0857-26-7682
FAX    0857-26-8136
Eメール   s-koushien@pref.tottori.lg.jp
  
アクロバットリーダのダウンロード ※PDFをご覧頂くにはアクロバットリーダーが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
  

最後に本ページの担当課    手話パフォーマンス甲子園実行委員会事務局(鳥取県福祉保健部障がい福祉課内)
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76820857-26-7682 
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  s-koushien@pref.tottori.lg.jp