地域エネルギー社会の推進

 近年、バイオマス、温泉熱などの地域内での再生可能エネルギー供給・利用や電力小売りといった地域主導のエネルギー事業の取組が活発になってきています。
 本県では、こうした状況の中、地域の課題解決や地域メリットの創出を視野に展開する再生可能エネルギー利用活用の取組を支援することで、温室効果ガスの削減、エネルギー自給率の向上及び地域の活性化を推進していきます。
  

目的

本県では、再生可能エネルギーの導入拡大やエネルギー資源の多様化により知己のエネルギー自給率を高めたうえで、地域に導入した設備を効率的に活用し、安定的にエネルギーが供給される地域エネルギー社会を構築することで、エネルギーの地産地消による地域内経済循環を進めます。

また、地域単位で行われる市町村や市民団体によるエネルギーに関する取組を支援し、県全体で低炭素かつ安定的なエネルギー需給構造への転換を図ります。