電力小売全面自由化について

 従来、ご家庭や商店向けの電気は地域の電力会社だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。
 2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、家庭や商店街含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。
 

電力自由化で変わること

 「電力小売全面自由化」により、様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、新規参入の会社を含めた電力会社の選択が可能になります。小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。
 ※2016年(平成28年)4月からは電力の小売電気事業者として、政府が登録した事業者から電力を購入することが可能になります。
 ※何も手続を行っていない場合には、それまで供給を受けている電力会社から引き続き電気が供給されます。

<想定される料金メニュー>
・時間帯別料金など、ライフスタイルに合わせた料金メニュー
・省エネ診断、セット割など、新しいサービス
・再エネ発電中心のサービス
・電気の地産地消 

国による登録小売電気事業者 一覧

 電気の小売を行う事業者として、政府が登録した事業者の一覧です。
 2016年(平成28年)4月から、ご家庭や商店も、以下の一覧に登録された事業者から電気を購入することができます。

 小売電気事業者一覧(資源エネルギー庁)

電力小売全面自由化 よくある質問

 電力小売全面自由化に関して、よくある質問は以下のリンク先からご覧ください。
 電力小売自由化に関してよくある質問・回答集

 電力自由化についてのお問合せ先窓口(資源エネルギー庁)
 電話:0570ー028-555
 受付時間:午前9時から午後6時
 ※土日祝日、年末年始を除く

鳥取県の普及活動について

(1)セミナー
  電力小売り自由化普及啓発セミナー(9月14日開催)

【実施済みのもの】
電力自由化キャラバン
制度説明会 
 【電力自由化に関する資料】
  (1)説明資料(PDF)
  (2)Q&A(PDF)
  (3)リーフレット(PDF)

国のホームページへのリンク集