原子力環境センター

概要

 鳥取県では、島根原子力発電所及び人形峠環境技術センター周辺地域の県民の健康と安全を守るため、環境放射線の監視や環境試料中の放射性物質の分析を行うモニタリングの拠点施設として、衛生環境研究所内に原子力環境センターを整備しました。
 日頃から、当センターを活用して、平常時モニタリングを実施するとともに、万一の緊急時に備え定期的に訓練等を行っています。

施設の概要

 主な機器は、次のとおりです。

名称 

概要
ゲルマニウム半導体検出器 環境試料(水、土壌等)や飲食物に含まれるガンマ線を放出する放射性物質(ヨウ素、セシウム等)を分析する装置。3台のうち、1台は自動で連続的に測定が可能なサンプルチェンジャ付きの機器。
液体シンチレーションカウンター 原子力発電所の排水等に含まれるトリチウムを測定する装置
積算線量測定装置  一定期間の放射線の積算値(総量)を測定する装置
灰化装置(電気炉・乾燥器)       微量成分を検出するため、生物試料を灰化(濃縮)する装置

 パンフレット(pdf:474KB)  

開所式

 平成28年1月18日、県議会議員、湯梨浜町長、鳥取県原子力安全顧問を来賓に招き、知事及び県関係者等が参列し、開所式を行いました。 

 テープカット ゲルマニウム半導体検出器
  

最後に本ページの担当課
   鳥取県危機管理局・生活環境部原子力環境センター
   住所 〒682-0704 
             鳥取県東伯郡湯梨浜町南谷526-1
   電話  0858-35-54110858-35-5411    
   ファクシミリ  0858-35-5413
   ※電話、ファクシミリは衛生環境研究所と共通
    E-mail  genshiryoku-kankyo@pref.tottori.lg.jp