鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





あんしんトリピーメールの運用状況について

  

概要

あんしんトリピーメールとは

 鳥取県庁各部局や鳥取県教育委員会、鳥取県警察本部等のほか、鳥取県内の市町村、消防局によって運用しているシステムで、それぞれの関係機関から安心安全に関する情報を配信します。このシステムは、行政側からの一方的な配信だけでなく、県民の皆さんからも災害の前兆現象や災害発生情報等を連絡することができます。
 県民の皆さんから直接情報を収集し、県や市町村等の防災関係機関が迅速に災害予防・応急活動を実施することで、災害発生の予防や被害拡大の防止に努めます。

適切な行動に情報は不可欠

  • 近年の地球温暖化の影響等により、局地的な豪雨や急激な河川水位の上昇などが全国各地で頻発しており、多くの貴重な命が失われています。このような事例を見てみると、災害発生の危険性を知らせる情報が発表されていたにもかかわらず、そのことが十分に伝わっていなかったことから適切な判断ができずに被害に巻き込まれたケースが少なくありません。
  • こうした被害から確実に身の安全を守るためには、皆さん一人ひとりが、防災等に関する情報を的確に把握し、その状況に応じた適切な行動をとることが不可欠です。
  • 「あんしんトリピーメール」は、皆さんがお持ちの携帯電話に気象情報等の安心安全情報をリアルタイムに直接配信しますので、皆さんの適切な行動を支援する有効な手段の一つになるものと期待しています。

運用状況

運用開始日

平成22年4月1日

情報配信者

県各部局、市町村、消防局

運用方法

ASP(Application Service Provider)方式

利用登録メールアドレス

平成29年5月31日現在:32,149人

情報配信の方法(システムイメージ)

 気象に関する情報は、気象情報提供業者を通じてシステムから自動配信します。
 それ以外の防災・危機管理情報や防犯情報などは、関係機関から手動配信します。 システムイメージ図

特記事項

 利用登録・サービス利用は無料ですが、メール送受信等の通信費は利用者の負担になります。通信費は携帯電話会社との契約内容によって異なります。 また、背景色版は通信料がテキスト版のものより、1通あたり約0.7円高くなります。