平成29年度鳥取県子ども読書アドバイザー研修会及び新規養成研修会実施要項

1 目的

  1. 読み聞かせボランティアや保護者へ読み聞かせなどの指導や助言を行う鳥取県子ども読書アドバイザー(以下「読書アドバイザー」という。)の技能向上、専門知識の醸成を図る。
  2. 新たに読書アドバイザーとなる者の養成を行う。
  3. 読み聞かせボランティアなど、子どもの読書活動推進に関わる層を広げる。

2 対象者

  1. 読書アドバイザー
  2. 新たに読書アドバイザーになることを希望する者
  3. 保育所、幼稚園、認定こども園、学校職員、公共図書館職員、読み聞かせボランティア等、子どもの読書活動推進に関心のある者

3 日程・テーマ

(1)日程

平成29年8月6日(日)

  1. 10時00分~12時00分 
    <講演>読み聞かせの基礎・基本-本選びがかなめ-
    講師:杉山 きく子 氏(公益財団法人東京子ども図書館理事)

  2. 13時00分~15時00分 
    <講演>ブックトーク-読書の楽しさ、豊かさを伝える-
    講師:杉山 きく子 氏(公益財団法人東京子ども図書館理事)

  3. 15時15分~16時15分 
    <読書アドバイザー意見交換会>
    読書アドバイザー等による日頃の活動における課題等の意見交換
    ※講師の出席はありません。

講師プロフィール 杉山 きく子 氏

長年都立図書館等で児童サービスを担当し、平成26年3月退職。
現在、公益財団法人東京子ども図書館理事、児童図書館研究会運営委員長
共著作に『がんばれ!児童図書館員』(東京子ども図書館)、『キラキラ読書クラブ 改訂新版 子どもの本702冊ガイド』(玉川大学出版部)など。


※1.は、読書アドバイザー新規養成研修を兼ねる。 (新たに読書アドバイザーになることを希望する者は必ず受講すること。)

※3.は、読書アドバイザー及び新たに読書アドバイザーになることを希望する者が参加できる。(講師は参加しない。)

※1.、2.とも、講演開始の30分前から受付を行う。

※9時30分~新たに読書アドバイザーになることを希望する者を対象として説明会を実施する。(任意参加)

(2)会場

  伯耆しあわせの郷 大研修室 (〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458 電話 0858-26-5581)

4 参加申込み

  • 締め切り:平成29年7月10日(月)
  • 参加希望者は、別紙申込書をメールまたはファクシミリにより、下記申込み先に送付する。

申込み先

鳥取県教育委員会事務局社会教育課 生涯学習推進担当
電話:0857-26-7943 ファクシミリ:0857-26-8175
電子メール: shakaikyouiku@pref.tottori.lg.jp

5 募集人数

100名程度

6 その他

悪天候等による中止等については、社会教育課HPに掲載する。

鳥取県子ども読書アドバイザーとは・・・・・

 鳥取県では、子どもたちに読書の楽しさを届け、家庭での読書推進を図ることを目的に、平成23年度から読み聞かせや選書の助言を行う「鳥取県子ども読書アドバイザー」派遣事業を実施しています。

 鳥取県子ども読書アドバイザーは、子どもの読書に関する専門知識や豊富な経験をもとに、地域の幼稚園・保育所、小学校等の保護者研修会、読み聞かせボランティアの研修会等で、読み聞かせや選書の大切さなどについての講演(お話)や読み聞かせの実演などを行います。

 鳥取県教育委員会が、派遣に要する交通費(実費(県の規定による))、謝礼(5,100円/回)をお支払いします。

鳥取県子ども読書アドバイザー認定要件(以下のすべての要件を満たす者)

  • 読み聞かせボランティア等で子どもたちの読書活動推進に積極的に関わっている経験豊富な者(おおむね10年以上)
  • 子どもの読書活動に係る啓発活動や催し、イベントなどの運営に参画した経験のある者
  • 原則として、県教育委員会が実施する読書アドバイザー養成研修(以下「研修」という。)を受講した者
  • 既認定の「鳥取県子ども読書アドバイザー」の講演を聴講し、講演聴講レポートを提出した者
  • 研修修了後は、鳥取県子ども読書アドバイザーとして活動できる者

実施要項、申込書、ちらしダウンロード

問い合わせ、申込先

鳥取県教育委員会事務局社会教育課 生涯学習推進担当 
電話:0857-26-7943
ファクシミリ:0857-26-8175
電子メール:shakaikyouiku@pref.tottori.lg.jp