東部生活環境事務所のホームページ

湖山池の活動

2016秋の湖山池シーズンウォーク

 11月13日(日)に開催した『2016秋の湖山池シーズンウォーク』は、大会当日は天候も良く、みなさん元気に完歩されました。当日参加者はハーフ8キロコースが201名、湖山池一周15キロコースが166名、青島冒険3キロコースが40名で、参加者総数は407名でした。2016秋のシーズンウオーク

徒歩様子

湖山池でハゼ釣り体験

 今年も湖山池でハゼ釣りが、10月1日、8日の2回にわたって行われました。湖山池では秋になると、ハゼ(マハゼ)がよく釣れるようになります。今年は、2日間で40名ほどの親子連れに参加いただきました。釣果としては1家族、2時間でハゼ10匹程度とまずまず、そのほかセイゴ(スズキ)やウグイを釣り上げる人もいました。持ち帰ったハゼは、天ぷらにして食べるとおいしいそうです。ハゼ釣りは10月いっぱいは旬ですので、まだまだ楽しめます。
ハゼ釣り風景釣れたハゼ

2016春の湖山池シーズンウォーク

5月29日(日)に開催した『2016春の湖山池シーズンウォーク』は、大会当日は天候が危ぶまれましたが、事故もなく、みなさん元気に完歩されました。当日参加者はハーフ8キロコースが213名、一周15キロコースが183名で、参加者総数は396名でした。
春のシーズンウォークスタート
春のシーズンウォーク公園付近

三津地区の「石がま漁」が行われました。(2016年1月31日)

鳥取市三津の湖山池で1月31日、県指定無形民俗文化財の伝統漁法「石がま漁」が行われました。この日は、天気も良く地元の方を中心に約30人が漁に参加しました。漁は、冬眠している魚を松の棒を何度も石と石の隙間に差し込んで、石がまの中に設置した木箱「胴かん」に追い込む方法で行われ、フナやエビが4基で計約50匹とれました。初めて参加した方は、「3時間程度地道にひたすら棒を差し込む作業で大変だったが、良い経験になり楽しかった」と話していました。

石がま漁

2015秋の湖山池シーズンウォークが開催されました

10月3日(土)に開催した『2015秋の湖山池シーズンウォーク』は、事故もなく、無事終了いたしました。当日参加者は10キロコースが163名、15キロコースが190名で、参加者総数は353名でした。

秋の湖山池シーズンウォーク


秋の湖山池シーズンウォーク出発



湖山池のエビ釣り体験

 今年もテナガエビ釣りが、6月13日、20日の2回にわたって行われました。13日は約40匹のゴズ(チチブ)と15センチのウグイが1匹、テナガエビが1匹でした。20日は約80匹のゴズとウグイが1匹、テナガエビ8匹が釣れました。テナガエビは大きいもので全長20センチ、手の長さを入れると約20センチになります。
親子でテナガエビ釣りテナガエビ

2015春の湖山池シーズンウォーク

5月31日(日)に開催した『2015春の湖山池シーズンウォーク』は、事故もなく、無事終了いたしました。当日参加者は8キロコースが192名、15キロコースが154名で、参加者総数は346名でした。

湖山池シーズンウォーク

三津地区の「石がま漁」が行われました。(2015年3月1日)

棒でつつくことで発せられる音や振動で魚を追い込む伝統の石がま漁が行われました。昨年・一昨年は行われなかったため、3年ぶりとなります。
石がま漁風景
  

最後に本ページの担当課    鳥取県東部生活環境事務所
    住所  〒680-0061
             鳥取県鳥取市立川町6丁目176
    電話  0857-20-36670857-20-3667    
    ファクシミリ  0857-20-2103
    E-mail  toubuseikatsukankyo@pref.tottori.lg.jp