鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





平成27年台風第6号に関する情報

5月12日16時半現在での鳥取地方気象台からの聞取り結果による台風第6号に関する情報は次のとおりです。
なお、農林水産業(ビニールハウス(花き・果樹・野菜)、水稲)、建築土木業の関係者の方々は、強風について注意していただきますようお願います。

○台風の進路等

▽台風第6号は、現在足摺岬の南約200kmの海上を通過しており、勢力は衰えつつある。

▽なお、今後の台風進路上の海水面の温度が低いことから、台風第6号がこれ以上に発達することはない。

  12日15時 中心気圧994hPa
  12日21時 中心気圧994hPa
 

▽今後の進路予測では、現在位置から、北東方向へ進み、紀伊半島沖で本日21時頃には温帯低気圧に変わる見込み。海水面の温度の影響で勢力が弱くなった状態で、鳥取県からは大分離れたところを通過するので、直接の影響はない見込み(鳥取県が暴風域に入る可能性はない)。

 

○本日12日から明日にかけての風雨・波浪について

▽本日(12日)夕方にまとまった雨を降らした前線は、本県からまもなく抜ける見込みであり、降雨に関しては今夜から回復する見込み。

▽本日通過した前線の影響による強風に関しては現在一旦落ち着いているが、日本海上の気圧の傾きの強い状態が続くことから、明日(13日)明け方から夕方にかけて、南西又は西寄りの風が強い見込みであり、ピークは、明日昼前から昼過ぎまで。また、波浪に関しても明日は注意が必要であり、明け方から夕方が注意期間であり、ピークは、明日昼前から昼過ぎまで。 
 

〔13日の最大風速(最大瞬間風速)見込み〕
 陸上 12m(25m)
 海上 17m(30m)

〔13日の波浪の見込み〕
 3m