鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





平成26年台風第16号から変わった温帯低気圧についての情報

 
  

県民の皆様へ

台風第16号は24日9時に温帯低気圧に変わりましたが、勢力は衰えず日本海を東に進んでおり、既に強風注意報が発表され、陸上での最大瞬間風速は25mと予想されていることから、引き続き気象情報に注意し、警戒を継続していただきますようお願いします。併せて以下の点にご注意ください。

  •  気象情報、雨量や水位情報などについてテレビやラジオなどから最新の情報を入手するよう心がけてください。

  • 家の周りの点検は、温帯低気圧が近づく前に行い、強風などによって飛ばされる可能性のあるものは、屋内にしまうか、飛ばされないようしっかり固定してください。

  • 強風下では転倒や転落、看板などの飛来物が当たる危険があることから、避難以外には極力屋外に出ないようにしてください。また、大雨の最中や直後には、増水した川や側溝に近づかないでください。

  • 非常持出品の準備、避難場所までの道順を確認し、避難勧告などの伝達方法などを再度確認してください。

  • 避難準備情報が発出された場合には、避難行動に支援が必要な方の避難支援を開始してください。

  • 避難勧告や避難指示が発出された場合には、慌てず速やかに避難してください。また、身近に危険を感じたら早めに自主避難してください。

  • 畜舎、農具舎等の強風対策を徹底し、飛散しそうな資材は屋内に入れてください。梨、柿、水稲などの農作物の固定化、あらかじめ収穫等の強風・水害予防措置を事前に行ってください。

  • ほ場の見回りなどは、安全が確認された後に実施し、人命最優先、二次災害の防止を徹底してください。