行政書士制度

 行政書士は、行政書士法(昭和26年法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する各種届出又は申請書類の作成並びに提出手続代理、権利義務、事実証明に関する書類及び契約書の作成等を行います。
 行政書士になるには、知事が行う行政書士試験に合格した後、日本行政書士連合会に備える行政書士名簿に登録する必要があります。