健康政策課のホームページ

精神医療体制の充実

 うつの症状に早く気づき、適切な対応をすることによって自死を防ぐことができます。
 うつ病の症状に気づいたら、すぐにかかりつけ医や精神科・神経科・心療内科などの専門の医師に相談することをおすすめします。
  

うつ病診療医療機関

次の一覧は、うつ病について専門的な診療や治療を行っている医療機関です。

 >>鳥取県内うつ病診療医療機関一覧(PDF109KB)

かかりつけ医うつ病対応力向上研修修了者

 うつ病の人は、身体的な不調が出ることが多く、内科等のかかりつけ医が最初に診察することが多くなります。また、思春期精神疾患については小児科医等のかかりつけの医師が診察することが多くなります。このため本県では、かかりつけ医がうつ病等精神疾患の診断技術等の向上を図り、早期発見・早期治療を行う体制整備を推進しています。
 
○次の名簿は、うつ病についての基礎知識・治療・ケア等の研修を修了した医師の名簿です。
>>うつ病対応力向上研修修了者名簿(PDF:115KB)
○次の名簿は、思春期精神疾患についての基礎知識・対応・連携等の研修を修了した医師の名簿です。
>>思春期精神疾患対応力向上研修修了者名簿 
 

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp