日本海沖メタンハイドレート調査促進

国等の調査で鳥取県沖において表層型メタンハイドレートの賦存の可能性が確認されています。
そこで、本県においては、鳥取県沖に資源を有するという地理的優位性を活かし、国による資源調査・開発を促進させるため、地元の開発機運を醸成させる普及啓発事業などに取り組んでいます。
さらに、開発による利益が地元に還元する仕組みを構築するために、調査や採掘技術の開発を担う人材の育成、漁業従事者との調整、環境アセスメントに資するデータの整理など先進的に取り組んでいます。