鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

臨床工学室

 臨床工学室では、日々の治療業務と機器管理業務の他、看護師など他医療スタッフへの講習会なども行い、医療機器が安全に使用されるよう取り組んでいます。また、夜間や休日は待機制をとり、緊急の血液浄化や心臓カテーテル治療、ME機器トラブルなどに対応しています。
  

臨床工学室の体制

室長

 浜崎 尚文 (救急・集中治療室部長兼外科医長)

臨床工学技士

 3名

臨床工学技士とは

 臨床工学技士は、病院で働く医療機器のスペシャリストで、診療放射線技師や臨床検査技師、理学療法士などと同じく国家資格を持った医療技術者です。
 病院で使用される特殊な機器の操作やメンテナンスを行い、現在の医療に欠かせない医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

臨床工学室の主な業務

血液浄化業務

血液浄化業務の様子 人工透析室は6床で主に導入期と合併症、OP目的入院の患者さんの透析を行っています。透析室スタッフは内科兼務医師1名、看護師2名と少なく臨床工学技士も開始と終了操作を中心に大きな役割を果たしています。また集中治療室でも透析ができ、重症の患者さんに対応しています。透析の他には持続血液濾過透析や血漿交換、各種吸着療法など特殊血液浄化も行い臨床工学技士が担当しています。

心臓カテーテル業務

心臓カテーテル業務の様子 心臓カテーテル検査は細いカテーテルという管を手や足の血管から心臓まで到達させ、造影剤というレントゲンに写る薬剤を流し込み、心臓の血管や動きを評価する検査で、血管が細い場合は広げる治療を行います。臨床工学技士はポリグラフによる心電図や圧波形の解析とこの部屋で使用される機器(IVUS・PCPS・IABP・呼吸器など)を操作します。

ペースメーカー業務

ペースメーカー業務の様子 ペースメーカーは心臓の刺激伝導に障害がある場合に使用される機器で、体内に植え込んだ後、1年数回の外来での機能チェックと10年程度で1度の交換が必要になります。臨床工学技士は植え込みまたは交換の手術やペースメーカー外来でプログラマーを使用してペースメーカーの設定や機能チェックを行います。

手術室/集中治療室業務

集中治療室での作業の様子 手術室・集中治療室で使用される特殊な機器の操作や点検を行い、トラブルにも対応します。人工呼吸器、麻酔器、モニタ、人工透析装置、特殊血液浄化装置、肝焼灼装置、自己血回収装置、IVUS、PCPS、IABP、除細動器、体外式ペースメーカーなど。

ME機器管理業務

機器の整備の様子 院内で使用される機器のメンテナンス(点検・修理)、人工呼吸器の管理・回路交換、使用方法の統一や講習会開催など安全使用への取り組みなどを行っています。院内全部署で共有可能な機器は中央管理を行い、点検をした機器が使用できるようにしています。(輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、モニタ、低圧持続吸引器、フットポンプ、エアマット、酸素ボンベなど)