鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

リハビリテーション室

スタッフの紹介

医療技術局長(兼務) 吹野 俊介(副院長)  
室長 松岡 哲史(理学療法士)
理学療法士 竹内 瑞貴、岡本 翔、山本 倫久、大岡 尚史、杉本 麻美、田原 善之、太田 徹、小林 晋也、山根 由香里、福井 健一(地域包括ケア病棟専従)
作業療法主任 福田 孝博
作業療法士 下雅意 拓也、谷口 真衣、松山 直樹
言語聴覚士 山根 歩実、奥村上 大樹、奥矢 恵理子
医療助手 熊谷 卓悦

診療内容

リハビリテーション室の写真 言語聴覚室の写真

当院リハビリテーション室で取得している施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
  • 運動器リハビリテーション料(I)
  • 呼吸器リハビリテーション料(I)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 廃用症候群リハビリテーション料(I)
 当院のリハビリテーション室では、理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)を行っています。スタッフは理学療法士11名、作業療法士4名、言語聴覚士3名、医療助手1名の配置となっております。

各診療法について

1.理学療法

 理学療法(PT:Physical Therapy)は、リハビリテーション医療の中の1つの分野です。その内容は、病気や外傷により身体に障害が生じた人々に対し、または、障害の発生が予測される人々に対して基本的動作能力(座ったり、立ったり、歩いたり)の回復や維持、及び障害の悪化の予防のために、運動療法、日常生活動作訓練、物理療法を行う身体治療の科学です。
 当室では、主に整形外科疾患や中枢神経系疾患などによる筋・骨格系の異常に基づく運動機能の障害をお持ちの患者様に理学療法を実施し、失われた機能の回復を図るとともに、残存能力を最大限に引き出し社会復帰できるよう援助していきます。
 実際の訓練内容としては、関節を動きやすくする訓練・筋力を強くする訓練・歩行訓練・種々の動作訓練等の運動療法や、温熱・低周波刺激・牽引等の物理療法などを行います。
 また、治療の前には種々の検査・測定による評価を行い、一人一人にあったプログラムを作成し、訓練を進めていきます。

2.作業療法

 作業療法(OT:Occupational Therapy)とは、身体又は精神に障害がある人、またはそれが予測される人に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復及び開発を促す作業活動を用いて、治療、指導及び援助を行うことをいいます。当院では、ADL(日常生活活動)、IADL(手段的日常生活活動)の能力改善を目指して、身体機能訓練、動作指導、環境設定を行っていきます。また、高次脳機能改善を目的とした訓練も行います。

3.言語聴覚療法

 言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)はリハビリテーション訓練のうち、主に言語障害、音声障害、構音障害、高次脳機能障害などのコミュニケーション障害や嚥下障害に対して指導、訓練をしていくもので、当院では平成20年度より言語聴覚士により行っております。主に脳血管疾患により生じたコミュニケーション障害、嚥下障害に対して訓練を行っております。
 実際の訓練ではコミュニケーション能力の維持、回復を図り、少しでも患者様の生活の質が向上しますよう努めております。また嚥下訓練では、食物を用いない間接的嚥下訓練で口腔器機能の向上を図るとともに、食物を用いる直接的嚥下訓練にて一人一人にあった嚥下方法を訓練、指導しております。

実績

1.科別新患患者

  平成26年 平成27年 平成28年
整形外科 246 273 283
脳神経外科 87 145 160
神経内科 116 109 90
内科 257 270 117
外科 279 248 208
循環器科 0 19 45
耳鼻科 1 10 16
小児科 - 65 90
呼吸器内科 - 62 149
消化器内科 - 40 90
消化器外科 - 33 73
産婦人科 - 2 3
その他 29 20 0
合計 1,015 1,296 1,315

2.実施件数(平成28年)

( )内は単位数

運動器リハI(PT) 6,286(11,434)
運動器リハI(OT) 1,957(3,326)
脳血管疾患等リハI+廃用(PT) 10,905 脳I(7,933) 廃用(6,607)
脳血管疾患等リハI+廃用(OT) 6,266 脳I(7,152) 廃用(1,315)
脳血管疾患等リハI+廃用(ST) 6,968 脳I(6,135) 廃用(2,347)
呼吸器リハ(PT) 3,501(4,848)
呼吸器リハ(OT) 214(283)
がん患者リハ(PT) 1,210(1,438)
がん患者リハ(OT) 349(559)
がん患者リハ(ST) 290(309)
摂食機能療法 1,466
知能、高次脳等検査 86
消炎鎮痛処置 0
退院時リハビリテーション指導 253
リハビリテーション総合実施計画書 1,016

3.入院・外来別実施件数

入院実施件数 24,173
外来実施件数 1,512