鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

薬剤部

薬剤部の紹介

薬剤師

 11名

医療助手

  3名

基本理念

  1. 真心と思いやりで対応し、信頼される薬剤師を目指します。
  2. 薬学の研鑽を重ねて最良の医療を提供し、事故防止に努めます。
  3. 他部門との連携を深め、最良のチーム医療を目指します。

業務内容

調剤

自動錠剤分包機と散薬監査システム 医師が処方した処方せんに記載されたお薬の量や使い方が適切であるか、またお薬の飲み合わせ等に不都合がないかを確認して調剤しています。
 処方オーダリングシステムにより、薬袋発行機、薬剤情報プリンタ、自動錠剤分包機、散薬監査システム等の調剤機器を連動させ、業務を円滑に行っています。

注射薬調剤

自動注射薬払出システムの写真自動注射薬払出システム
  注射オーダリングシステムでは、自動注射薬払出システムを利用して、入院患者様ごとに注射薬を取り揃えて病棟に供給しています。取り揃えの際には、オーダされた注射薬を混合して問題ないか、投与量・投与間隔が適切かなど不都合がないか確認をしています。

医薬品管理

 医薬品SPD方式(医薬品供給管理システム)により、医薬品の購入、在庫管理等を行い、円滑に医薬品が供給されるよう対応しています。

薬剤調製

 安全で清潔な設備を用いて、抗がん剤の無菌調製を行っています。また、市販されていないお薬(院内製剤)の調製を行っています。

医薬品情報管理

 医薬品の安全性や適正使用に関しての情報を収集・分析し、最新の情報を提供しています。また、院内の医師、看護師を始め、患者様からの問い合わせにも対応しています。

服薬指導(薬剤管理指導)

 入院患者様へお薬の正しい服用方法や効果、副作用等の説明をしています。また、薬歴を確認し、相互作用や重複投与のチェックや、服用後の副作用、アレルギー等のチェックも行い ます。

がん化学療法への関わり

 外来治療室や病棟では、様々ながん化学療法が行われています。薬剤部ではがん化学療法のレジメン(投与計画)の審査及び管理に携わっています。抗がん剤の処方が、院内で決められたレジメンに基づいて正しく処方されているかどうかの確認を行い、抗がん剤の無菌調製業務を行っています。

各種委員会等への参画

 院内感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、緩和ケア委員会等の各種委員会に参画し、薬剤師の立場で役割を果たしています。

学生教育

 薬学部学生の実務実習を行っています。また、看護学校学生の薬学教育も行っています。

関係学会等資格取得者数

日本病院薬剤師会

 感染制御認定薬剤師(BCPIC) 1名
 がん薬物療法認定薬剤師(BCPOP) 1名
 認定指導薬剤師 1名   

日本薬剤師研修センター

 小児薬物療法認定薬剤師1名
   認定実務実習指導薬剤師 3名
   研修認定薬剤師 3名

日本緩和医療薬学会

 緩和薬物療法認定薬剤師 1名

日本化学療法学会

 抗菌化学療法認定薬剤師 1名

日本静脈経腸栄養学会

 栄養サポートチーム(NST)専門療法士 1名

日本くすりと糖尿病学会

 糖尿病薬物療法准認定薬剤師 1名

日本糖尿病療養指導士認定機構

 日本糖尿病療養指導士(CDEJ) 1名   
更新日:2017年5月9日