鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

病院長あいさつ

「地域から信頼される元気な病院であるために」

 当院は鳥取県中部の中核病院として急性期医療を担うことを役割としています。

 救急医療に取り組むと共に、災害時の医療に対応します。

 高齢少子化が進む中、ご高齢の方にも安全に質の高い医療をお届けしながら、地域の医療機関・福祉施設と密な連携を図っていくことが当院の重要な責務と考えています。

 一方、「子育て王国」の実現に向けて地域の周産期医療・小児医療を充実させ、安心して分娩し、子育てができる環境を保つことも大きな役割です。

 また、がん・生活習慣病等については診断と治療ばかりではなく、検診活動への参画や市民講座等の開催を通じて、病気を予防し地域の皆様の健康を保つ活動にも積極的に関わります。

 心のこもった対応で地域の皆様から信頼され、地域の皆様が安心して当院スタッフと共に病気の治療と予防に取り組んでいただける元気な病院を目指していきます。

皆川院長 








鳥取県立厚生病院        

院長 皆川 幸久