鳥取県感染制御地域支援ネットワーク

鳥取県感染制御地域支援ネットワーク(白兎ネット)について

鳥取県では感染制御に関する医療機関及び関係行政機関等のネットワークを平成24年度から立ち上げ、医療機関等が取り組む院内感染対策を支援するとともに、医療関連感染発生等の緊急時における支援を行います。
なお、白兎ネット(HACTnet)(略称)の名称の由来は、「Healthcare-associated Infection Control and Teaching Network in Tottori」です。
  

ネットワークの仕組み

県内東中西部の各医療圏の保健所及び医療機関等で構成する各「医療圏ネットワーク」と、ICD、感染管理認定看護師等で全県的に構成する「感染制御専門家チーム」から構成し、感染制御専門家チームは各医療圏ネットワークに参加する医療機関等からの相談、要請等に対し、内容に応じ助言あるいは実地指導(院内ラウンド)等の支援を行います。
ネットワーク概念図(PDF 56KB)
ネットワーク設置要綱(PDF 336KB)
アクロバットリーダのダウンロード ※PDFをご覧頂くにはアクロバットリーダーが必要です。お持ちでない方はAdobeのダウンロードページからダウンロードしてください。

相談業務等の流れ

相談を希望する医療機関等は、緊急の場合を除き、感染制御相談票(様式第1号)に相談内容等の必要事項を記載し、電子メール又はファクシミリにより、感染制御相談窓口(所管保健所)に送付してください。(回答は、感染制御回答票(様式第2号)により、感染制御相談窓口(所管保健所)を通して相談を希望した医療機関等にご連絡します。)
なお、感染制御専門家チームによる実地指導についても、希望される医療機関からの申し込みをお受けしますので、最寄りの保健所へお問い合わせください。
相談業務等の流れ(PDF 140KB)
【様式】感染制御相談票(doc)      【様式】感染制御回答票(doc)

感染制御専門家チーム員

ICD(インフェクションコントロールドクター)、感染管理認定看護師、感染制御専門薬剤師、感染制御認定薬剤師、感染制御認定臨床微生物検査技師をメンバーとして編成しています。
※平成30年4月時点:34名

よくある相談事例

平成24年度以降鳥取県感染制御地域支援ネットワーク(白兎ネット)に寄せられた感染制御に関する相談と回答について、よくある事例についてQ&A方式にして取りまとめました。
感染制御相談事例集

ネットワーク会議の開催状況